エッセイ 一覧

鉄の精神のささみカツ定食

鉄の精神のささみカツ定食

僕は自制心にあふれた男だ。 自らの中から溢れてくる欲求を退け、全体を俯瞰した大きな視点で生きている。 先日も出先で入った定食屋で、痩せたいという欲求を退けてささみカツ定食を平らげた。 衣とソ...

記事を読む

何する訳でもなき日の祝福。

何する訳でもなき日の祝福。

土日に少し時間ができたので、和歌山の実家に一泊帰省をしていた。 両親もじーちゃんも猫のカイちゃんも健在で、実に安心した。 僕の地元はメインストリートの十字路に信号もない...

記事を読む

大根で釘を打つ人

大根で釘を打つ人

「ずっと大根で釘を打ち続けているのだけど、うまくいかない。  なんとかしてもっと楽に上手くやりたいのだけど、大根以外の道具は使いたくない。」 こういう人が本当に、本...

記事を読む

無意識のポケットにポテトチップスみかん味。

無意識のポケットにポテトチップスみかん味。

先日彼女様がコイケヤのポテトチップスみかん味なるものを買ってきた。 「優作にも食べさせてあげたいと思って」などと言いつつ、既に封の空いた袋を差し出してくる。 死ぬほど不味い...

記事を読む

マリオとモモンガとイケメンの苦難の道。

マリオとモモンガとイケメンの苦難の道。

同じパターンを繰り返すのは実に心地よい。 子供の頃スーパーマリオの得意なステージを延々とプレイし続けたことがあるのだけど、一つの流れの中で同じ作業をベストなタイミングで繰り返...

記事を読む

人生に要らないものがあるとしたら、そりゃ「夢と目標」ですよ。

人生に要らないものがあるとしたら、そりゃ「夢と目標」ですよ。

夢や目標がなけれなならないと思っている人が非常に多い。 ところが、夢や目標は、無い方がいい。 下手な夢や目標を抱いてしまうと、生き方が偏ってしまうからだ。 僕の高校時...

記事を読む

音楽家は神の五線譜に触れて消える。

音楽家は神の五線譜に触れて消える。

スポーツなどで集中力が最大に高まった瞬間に世界が静寂に包まれて自分の周りや自分自身が完全にコントロールできるようになることを「ゾーンに入る」と言う。 信頼できるソース(黒子の...

記事を読む

モモンガと事務所で蚊帳の外。

モモンガと事務所で蚊帳の外。

〜前回までのあらすじ。 毎日を一生懸命生きていたらモモンガを飼うことになったのだった。〜 彼女様「うわ見てキャシーかわいい。あ、ほら、めっちゃかわいい!うわぁ・・・...

記事を読む

批判しない男と滑空生物に魅せられた凶暴な女。

批判しない男と滑空生物に魅せられた凶暴な女。

とある識者の言うところによると、警察署で死刑を受けた受刑者は執行の瞬間に自分の行いを鑑みて反省しているかというと、そうではないという。 むしろ自分の身を守るために行動を起こし...

記事を読む

幸せのゴボウ。

幸せのゴボウ。

音楽を聴くときは、耳に意識を集中してはいけない。 リラックスして、心をフラットなところに置いて、そこで自分の中に注がれる音をただ静かに観察する。 すると、雑念まみれで聴いて...

記事を読む

1 2 3 4 5 6 7 20