出会い繋がりテロリスト。

ロフトの上に布団を敷いているこの事務所では、朝起きると白い天井が目の前にある。真っすぐ身体を起こすと頭を打つので、いつものように腹這いになってから肘で身体を持ち上げた。

少しの頭痛を感じたのは、昨晩遅くまで事務所の近所にあるDining73というお店で飲んでいたからだ。音楽好きのマスターに随分と気持ちよく色々喋らせて頂いた記憶がある。思い出すと恥ずかしいことを沢山言っているだろうから(恥ずかしくないことを言ったためしがない)ので、思い出さないようにしよう。

 

Dining73に行ったのは今回が初めてである。元々音楽が出来るお店があるという噂は聞いていたのだが、今まで行かずじまいだったのだ。それが昨日は営業周りができない時間まで夢中になってしまったものだから、この機会にと繰り出した次第だ。

一般にあまりファンのいないアコギインストを愛するマスターと、マスターが途中で読んでくれたギタリスト/ベーシストのタケ君の3人で、実にマニアックなアコギ弾きの変態達について、やれ

「家族を人質に取られているからあれだけのプレイができるのだ」

とか、

「本当にアレがギターなのか疑わしい。ンドゥゲバとかいう特別な楽器である可能性も無視できない。」

などといった話しをした覚えがある。うん、やっぱり恥ずかしい。

 

人と人との距離は、お互い何度接点を持ったかで来まると言われている。しかしそこは当然人と人であるから、誰とでも仲良く分かり合える訳ではない。そして、誰とでも中違う訳でもない。一度の逢瀬で心から分かり合える同士もいれば、会えば会うほどに印象を悪くする同士もいる。

人生というドラマを背負っているのが人であるなら、星の数ほどいるのも人である。その全てと関わるには、この肉体の使用期間では到底足りない。

だから人は人を好きになってもいいし、嫌悪してもいいし、何とも思わなくてもいいんである。つまり、好きになられてもいいし、嫌われてもいいし、記憶にも残れなくてもいいんである。

好きな人と好きな時に好きなだけ一緒にいてもいい。このことを本当に理解できたら、人のことを賞賛しながらも多くの方と出会い流れてゆくことが楽しくなる。僕らは自由であるのだ。それは意思でもって選択ができるということである。ならば意思で、自分が嬉しいことを選んでいけばいいではないか。

毎日会う好きな人。
たまに会う好きな人。
一度しか会わない好きな人。

大勢の好きな人、楽しい人、自分にエネルギーを生み出させてくれる人が、この世界のどこかで生きているのである。そう思うだけで、生きる希望が持てるというものだ。

 

そんなことを思いながら匍匐前進、ハシゴに手を掛けた。夕べ掃除ができなかったデスクを見下ろすと、ゴチャゴチャと余計なものがたくさん乗っている。そのデスクの隣りに、もっと余計なものが見えた。

彼女様が、押し入れの奥深くに置いてあったはずの冬用敷き毛布を布団代わりにして、仰向けになって転がっていたのである。何の話しも聞いていなかったので、テロのような訪問である。迅速に、寝ているうちに傷を負わされていないかを確認する。埃も固まると物の怪になるのかと戦慄しつつタオルケットを落としてみると、

「ゔぉぉぉびっくりしだぁぁッ」

と、酔っ払って管をまくオッサンの声のような音がした。この世には問答無用で飛び込んでくる回避不可な逢瀬というものもある。身体を布団に戻しつつ枕を落とすと、

「ゔぉぉぉふざけんなお前ッ」

と、聞き慣れた音がした。とかく、人生は油断ならない。

写真 2014-09-25 12 13 22

 

Information

メルマガ配信しています。

メルマガ購読・解除

ブログには書けないような愉快な話、不思議な話、熱い話などを、書きたいと思った時にお送りしています。

もちろん、ライブのスケジュールや新しい動画の配信のお知らせなども。

登録希望の方は上記の登録フォームにメルマガを購読するメールアドレスを打ち込んで、「送信」をクリックしてくださいませ。

まぐまぐ!のページに行けばバックナンバー(過去記事)も公開するようにするので、現段階ではまだ一本もありませんが、過去の内容も全て公開しています。

では、メルマガでも会いましょう。登録よろしくね。

 

※メルマガ登録時、まぐまぐ!の公式メルマガも同時に登録される使用です。不要の方は、お手数ですが、まぐまぐ!のページから購読解除のお手続きをお願い致します。

まぐまぐ公式ページ

→ページ右上の『メルマガ解除』をクリックして、登録したメールアドレスを入力してから『解除URLを送信』をクリック。
登録したメールアドレスに購読中のメルマガ一覧が届くので、不要なメルマガの解除URLをクリックしてください。
まぐまぐの公式メルマガ結構あるから、ちょっと面倒おかけします。ごめんね。

喫煙席に誘導された非喫煙イケメンと正しい質問。

先日レストランに入ったところ、出迎えてくれた女性店員が

「おタバコ吸われますか?」

と聞くので

「吸いません」

と応えたら、

「今喫煙席しか空いてないんです。」

と言われた。今の問答は果たして必要だっただろうか。僕が非喫煙者であることは喫煙席が空いていようが禁煙席が空いていようが変わらない。店員にとってはシュレディンガーの猫かもしれないが、僕にとってはその辺の猫である。吸わないことこの上ない。

そもそも店員にとっても、僕が喫煙者であろうと非喫煙者であろうと、禁煙席が満席であることに変わりはないのだ。いずれの場合も喫煙席を勧めることしかできないのだから、初めから喫煙席しか空いていない旨を伝えればマニュアル対応だと悟られずに済むではないか。こちらだって見ず知らずの女性と話す上で「もしかしたら一目惚れをされるかもしれない」という期待を悟られまいと努力しているのだから、それくらいのことはしていいはずだ。

 

このように、世の中は不毛な質問で溢れている。正しい答えは正しい質問でしか導き出せないのに、人は正しい答えを求めて彷徨うばかりで、正しい質問を求めない。

例えば破局寸前のカップルは、大抵の場合質問を誤っている。恋人関係に限らず人間関係というのは、『この人といて幸せか』という質問に集約されているはずである。

それを感情に任せ、(主に女性側が)納得のいくまで相手を叩きのめそうとするから話しがややこしくなる。人生は短いのだ。一緒に幸せになれなかったパートナーに時間を費やすのは、限られた資源をドブに捨てるが如き誤回答である。そんなことをしているうちに、どこかでクールなイケメンが颯爽と現れ心に響く音楽を響かせているかもしれないのだ。

人は人を変えることは出来ないから、自分を変えてゆくしかない。そのためにも、正しい質問を心掛けるべきである。正しい質問は常に『幸せ』に由来しているから、見つけ出すことは難しくはないはずだ。

 

店員に案内されて喫煙席に座り込んだ僕はソーセージグリルのランチを注文した。「かしこまりました」とメニューを下げながら、店員は笑顔を作る。これが悪くなかった。

飲食店において笑顔について言及していない接客マニュアルは存在しないだろうが、本当に笑顔を浮かべられるかどうかはやはり個々の人間にかかっている。たとえ意図的に浮かべた笑顔であっても、そこに心があれば、人を癒すことができるのだ。

僕は心がほぐれるのを感じながら、実はこの笑顔は僕の止めどない魅力に惹かれた店員の本心の笑顔でないかと考えた。そうであるなら、少なくともお客と店員という今の関係の中で、僕は彼女の気持ちに寄り添うことができるはずである。こちらも笑顔を作り、

「よろしくね。」

と声を掛ける。これが幸せに基づいた質問による、正しい回答である。10000ドルの笑顔を浮かべる僕に、店員は笑顔のままこう言った。

「灰皿はご入用ですか?」

正しい質問が出来ても、状況を見極める目がなければ、正しい答えは導き出せない。

20081003163455

吉良さんも怒るぜ。

 

Information

メルマガ配信しています。

メルマガ購読・解除

ブログには書けないような愉快な話、不思議な話、熱い話などを、書きたいと思った時にお送りしています。

もちろん、ライブのスケジュールや新しい動画の配信のお知らせなども。

登録希望の方は上記の登録フォームにメルマガを購読するメールアドレスを打ち込んで、「送信」をクリックしてくださいませ。

まぐまぐ!のページに行けばバックナンバー(過去記事)も公開するようにするので、現段階ではまだ一本もありませんが、過去の内容も全て公開しています。

では、メルマガでも会いましょう。登録よろしくね。

 

※メルマガ登録時、まぐまぐ!の公式メルマガも同時に登録される使用です。不要の方は、お手数ですが、まぐまぐ!のページから購読解除のお手続きをお願い致します。

まぐまぐ公式ページ

→ページ右上の『メルマガ解除』をクリックして、登録したメールアドレスを入力してから『解除URLを送信』をクリック。
登録したメールアドレスに購読中のメルマガ一覧が届くので、不要なメルマガの解除URLをクリックしてください。
まぐまぐの公式メルマガ結構あるから、ちょっと面倒おかけします。ごめんね。

許せる人と許せない人と冤罪のイチゴ。

人は自分が理解できないことを見下したり、拒絶したりすることがある。例えば、『愛だ大切だ』ということは誰しもが知っているが、『愛』を理解している人は少ない。その結果、『愛』について語ろうとすると拒絶反応を起こしたり、そんなことを言うヤツは胡散臭いに決まっているとその人を見下そうとするのである。

人は今までしてこなかったこと、経験の無いことを、すぐには受け入れられないという性質を持っている。柔軟な人は自分の精神的な安全地帯に拘りがなく、人を拒絶したり否定したりする人は、自身の安全地帯を出ることができないのだ。

ここで重要なのは、どちらが良い、どちらが悪いという判断をしないことである。確かに人を見下したり、意味もなく拒絶されたりするのは辛いことだ。しかし、人を見下したり拒絶した人は、それだけで充分な損をしているんである。

思い出してみてほしい。誰かを拒絶した時、何かが怖くなかっただろうか。何かを見下した時、なぜか不安ではなかったろうか。誰かを攻撃しながら、自分が暗い場所で孤立しているような気持ちになったことはないだろうか。

拒絶した時、見下した時、その人はもう充分にその罪を償っているんである。そんな人をつかまえて

 

「お前は人を拒絶するからダメなんだ」

 

などと言うのは、人を受け入れられない人を拒絶し、見下していることに他ならない。

人は人の都合で誰かを拒絶し、見下す。自分は自分の都合で誰かを受け入れ、賞賛する。それでいいではないか。人を裁けるような器量を持った人なんか、いないんである。好きに生きればいいのだ。元気に失敗をして、キラキラと痛い目を見て、学べばいいんである。そのために、僕たちは生きているのだ。

そんなことを思っていたら、彼女様にケーキの上のイチゴをサッと奪われた。通常の感性を持っている人ならば、人のモノを奪ったりしたら罪の意識に苛まれ、悲しい気持ちになるものである。しばらく観察していると、敵は僕から奪ったイチゴを恍惚の表情で食んだ後、大変な笑顔でもって

 

「おいしいなぁ」

 

と言った。誰かを裁いていなくても、罰を受けることはある。えん罪を防ぐ手だては、今のところ見つかっていない。

img_0-2

 

Information

メルマガ配信しています。

メルマガ購読・解除

ブログには書けないような愉快な話、不思議な話、熱い話などを、書きたいと思った時にお送りしています。

もちろん、ライブのスケジュールや新しい動画の配信のお知らせなども。

登録希望の方は上記の登録フォームにメルマガを購読するメールアドレスを打ち込んで、「送信」をクリックしてくださいませ。

まぐまぐ!のページに行けばバックナンバー(過去記事)も公開するようにするので、現段階ではまだ一本もありませんが、過去の内容も全て公開しています。

では、メルマガでも会いましょう。登録よろしくね。

 

※メルマガ登録時、まぐまぐ!の公式メルマガも同時に登録される使用です。不要の方は、お手数ですが、まぐまぐ!のページから購読解除のお手続きをお願い致します。

まぐまぐ公式ページ

→ページ右上の『メルマガ解除』をクリックして、登録したメールアドレスを入力してから『解除URLを送信』をクリック。
登録したメールアドレスに購読中のメルマガ一覧が届くので、不要なメルマガの解除URLをクリックしてください。
まぐまぐの公式メルマガ結構あるから、ちょっと面倒おかけします。ごめんね。

誠実なイケメンが朝日新聞の謝罪から感じた将来への不安。

僕は今まで嘘を付いたことがない。約束や宣言を果たせなかったことはあるが、それらは全て約束や宣言の後に実行不可であることが判明した事例である。時間までにたどり着くという約束も、来年の誕生日は赤坂の高級レストランで祝うよという宣言も、その時は果たせるつもりでいたのだ。

そんな誠実な僕であるから、昨今ニュースになっている社会的地位のある方々の放った嘘というものに、並々ならぬ危機感を持っている。もしかしたらいつの日か事業家として成功した暁に、

「あの発言は嘘ではなかったのか」

と訴えられるのではないかと思うと気が気でない。

例えば吉田調書に習うと、新聞社のような社会的に大きな力を持つ報道機関は、根拠の無いネタを報道すること自体が嘘だと言われる。当てずっぽうの報道が事実を突いていればラッキーで済む(ネタの出処は、それが正しかった場合は追求されない傾向がある)のである。ちょうど、僕が彼女様の誕生日を忘れ、だいたいこの辺だろうと24日に

「誕生日おめでとう。またひとつ、女性として熟成したね。」

と言ったらドンピシャリで大当たりを引いたようなものである。誕生日を覚えていたことで何か後ろめたいことがあるのではないかという疑念は抱かれるが、少なくとも誕生日を忘れていたことに対する責めは緩む。

しかしその事実が証明されなかったり、事実と異なったりした場合には、激しい責め苦に苛まれることになる。現在の朝日新聞がそうだ。謝って済む問題であればいいのだが、世の中には謝っただけでは済ませようとはしない者も多い。それが真っ当な理由であればまだマシだが、その『真っ当』の基準は個々の感情に由来するから曖昧である。ただの暇潰しや憂さ晴らしであることも多いから、油断ならない。

人の上げ足を取り続けて何が楽しいのか。彼女から誕生日を覚えていなかったことを責められたことはないのか。真っ当なことを言われれば言われるほど追い詰められるのだ。

「どうして10年近く付き合っている彼女の誕生日を今だに覚えられないのか」

と責められた際、返す言葉の候補は5462あるが、最も適切なものは

「ごめんなさい」

である。しかし、この場合

「謝ってほしいんじゃない」

と詰め寄られる。ちょうどボディーブローをもらって堪らずうずくまったところに、天を衝くようなアッパーをもらうようなものだ。

「来年はきっと赤坂の高級レストランで祝うよ」

と愛情に満ちた宣言をしても、

「それは6年前と2年前に聞いた」

と冷徹なストレートが飛んでくる。倒れたくても倒れられず、相手の気が済むまでタコ殴りにされる他ない。それに加え最近は中立の立場であるはずの当ブログ読者が彼女様サイドに付き始めているから、なおのこと救いがない。

こういった気持ちを理解していれば、謝罪会見などを見る目も変わるというものである。疲弊し切った表情で頭を下げるおじさんが、他人に思えなくなってくるのだ。いつか僕が社会的に成功し、大きな謝罪会見を開くことになるその日までに、全ての国民が優しい気持ちに目覚め、大らかな対応をしてくれようになることを期待している。

2077_2_1

 

Information

メルマガ配信しています。

メルマガ購読・解除

ブログには書けないような愉快な話、不思議な話、熱い話などを、書きたいと思った時にお送りしています。

もちろん、ライブのスケジュールや新しい動画の配信のお知らせなども。

登録希望の方は上記の登録フォームにメルマガを購読するメールアドレスを打ち込んで、「送信」をクリックしてくださいませ。

まぐまぐ!のページに行けばバックナンバー(過去記事)も公開するようにするので、現段階ではまだ一本もありませんが、過去の内容も全て公開しています。

では、メルマガでも会いましょう。登録よろしくね。

 

※メルマガ登録時、まぐまぐ!の公式メルマガも同時に登録される使用です。不要の方は、お手数ですが、まぐまぐ!のページから購読解除のお手続きをお願い致します。

まぐまぐ公式ページ

→ページ右上の『メルマガ解除』をクリックして、登録したメールアドレスを入力してから『解除URLを送信』をクリック。
登録したメールアドレスに購読中のメルマガ一覧が届くので、不要なメルマガの解除URLをクリックしてください。
まぐまぐの公式メルマガ結構あるから、ちょっと面倒おかけします。ごめんね。

人知を越えたプリン戦線。

東京への出向から帰ってくると、大阪の事務所の冷蔵庫に買った覚えの無いプッチンプリンが入っていた。いつも頑張っている僕に神様がご褒美をくれたのかと思い感謝の祈りを捧げていると、彼女様からプッチンプリンはもう見つけたかというメッセージが届いた。

感謝の祈りが、一瞬にして恐怖の疑心へと変貌した。過去プッチンプリンは彼女様にとって、略奪の対象でしかなかったはずだ。冷蔵庫に入っているという理由だけでプリンを補食していくその様は、さながら目的もなく人類を補食する進撃の巨人である。

僕は戦慄しつつ、プッチンプリンに手を掛けた。通常サイズの3個パック。よくスーパーなどで見るプッチンプリンそのものである。しかし、これが本当にプッチンプリンなのかという確信が持てない点である。

どう見ても一件普通のプッチンプリンであるが、シュレディンガーの法則に習えば、これを開け実際に食し人体に有害でないことが分かるまで、目の前にあるプッチンプリンが間違いなくプッチンプリンんであるとは断言できない。以下に、どのような可能性があるのかをまとめる。

 

可能性①【毒物が混入されている】

一時期コンビニやスーパーの紙パック飲料やペットボトル飲料に毒物が混入されるという事件が頻発したが、それに習い注射器のようなものでプッチンプリンの中に致死性の毒物が仕込まれている可能性がある。

また致死性でなくとも、馬車馬のように働きたくなる薬や、彼女様が絶世の美女に見え、生涯奴隷的従属を誓う薬、あるいはその両方が混入されている可能性もあるから油断ならない。

結局のところ、食べてみなければ分からない。

 

可能性②【幻を見ている】

遠方への遠征は大変に体力を消耗する。それは今回も例外ではなく、僕は這々の体で大阪へと帰ってきた。しかしこれは僕の見ている夢で、実際の僕はまだ新幹線の中で意識不明の昏睡状態に陥っているというケースが考えられる。

夢の中であるから、彼女様のキャラクターに対して僕の希望的な要素が組み込まれ、疲れて帰ってくる恋人に思いやりのプッチンプリンを捧げるという理想的女子の幻想を生み出したのかもしれない。書いていて涙が止まらない。

しかし、優しい恋人が欲しいという希望以上に、攻撃的な恋人が怖いという絶望が僕の心を支配していることもまた事実である。夢の中故に、あらゆる可能性(「スプーンを入れた瞬間に爆発する」「フタを開けると髪の毛のようなものが飛び出してきて締め上げられる」「中から現れたプリンの化け物に食べられる」など)が存在し、何が起こるか分からない。

結局のところ、食べてみなければ分からない。

 

戦々恐々としつつ様々な可能性を検討していると、彼女様から追い打ちのメッセ—ジが届いた。

「美味かったか?」

万事休すである。もはや僕にはどのようなリスクを負っていようが、このプッチンプリンを食べる他の選択肢が無い。意を決してプリンを口にすると、圧倒的に柔らかく破滅的に甘いいつものプッチンプリンの香りが口の中いっぱいに広がった。

披露の頂点にあった僕は、これが人格者としての生涯最後の食事になっても構わないくらいの気持ちでプッチンプリンを食べ切った。

「おいしかったよ、ありがとう。」

うっすらと涙を流しながら返信を打つと、即座に彼女様から返事がきた。

「お、よかった。」

何だコレは、やはり夢なのか。イタリアのマフィアはこれから殺す相手に花束をプレゼントするのだというが、つまりそういうことなのか。もはや命も諦めされるがままの体勢に入った僕は、次に届いたメッセージに目を見張った。

「うち、プッチンプリン好きじゃないからさぁ」

その言葉が真実なら、今まで幾度も繰り返されてきた略奪の歴史は一体何だったのか。失われたプッチンプリン達の哀切が響き渡る中、僕は意識を失った。この世には人類の理解を越えたことが沢山ある。それは想像している以上に、僕たちの身近に潜んでいるのかもしれない。

写真 2014-09-19 10 41 48

 

Information

メルマガ配信しています。

メルマガ購読・解除

ブログには書けないような愉快な話、不思議な話、熱い話などを、書きたいと思った時にお送りしています。

もちろん、ライブのスケジュールや新しい動画の配信のお知らせなども。

登録希望の方は上記の登録フォームにメルマガを購読するメールアドレスを打ち込んで、「送信」をクリックしてくださいませ。

まぐまぐ!のページに行けばバックナンバー(過去記事)も公開するようにするので、現段階ではまだ一本もありませんが、過去の内容も全て公開しています。

では、メルマガでも会いましょう。登録よろしくね。

 

※メルマガ登録時、まぐまぐ!の公式メルマガも同時に登録される使用です。不要の方は、お手数ですが、まぐまぐ!のページから購読解除のお手続きをお願い致します。

まぐまぐ公式ページ

→ページ右上の『メルマガ解除』をクリックして、登録したメールアドレスを入力してから『解除URLを送信』をクリック。
登録したメールアドレスに購読中のメルマガ一覧が届くので、不要なメルマガの解除URLをクリックしてください。
まぐまぐの公式メルマガ結構あるから、ちょっと面倒おかけします。ごめんね。

ポール・マッカートニーの”ob-la-di,ob-la-da”を歌ってきました。

ポール・マッカートニーの”ob-la-di,ob-la-da”を歌ってきました。

 

ポップミュージックについての色々。

何故か気付いていないミュージシャンが多いのだけど、実はポップスというのは奥の深い世界なんである。

芸術というものは突き詰めていくと独創的にはなってゆく。それは比較的簡単なのだ。問題なのは、そこに大衆性を持たせることである。人が聴きたがっているものを先読みし、具現化することなんである。

大衆性というのは、迂闊に手を出すと個性が死んでしまう。らしくなくなってしまう、ということである。らしさを失った作品からはどうしても芸術的な体力が消えてしまう。一時期ポップスがジャンク・ミュージックなどと呼ばれていたのも、その所以だ。

しかし、時折その独自性と大衆性の両方を兼ね備えたアーティストが出没する。その親玉的存在が、今回カヴァーしたob-la-di,ob-la-daの作曲者、言わずと知れたポール・マッカートニー大先生である。

これは個人的になのだけど、ポップミュージックを続けていく上で最も大きな問題のひとつが、”変化”だ。

これは当然ロックでもブルースでもそうなのだけど。ことポップスに関してはこの”変化”を忘れたミュージシャンのライブは、とても見ていられたものではない。歌詞はもちろんのこと、バンドの演出やメロディーの踏み方、リズムの取り方や間の開け方など、様々な色々を柔軟に組み合わせ、その中で大衆性と独自性を演出することは、並大抵ではない。まぁその辺は音楽家としてのアレコレなので、普通に聴いて楽しむ分にはそんなことはどうでも良いのだけど。

しかしやはり、その点においてポール大先生は異常である。ジョン・レノンとは、本当に良いライバルだったのだろうと思う。

ということで、今回は僕が珠玉のポップスと信じてやまないob-la-di,ob-la-daという曲の演奏であった。歌詞を間違えているのは、ご愛嬌。ポール大先生は他にも多くの名曲を書いていらっしゃるので、機会を作ってどんどんカヴァーしていきたい。

ちなみに、ob-la-di,ob-la-daとは「人生は続く」という意味であるらしい。ポールが通っていたクラブに出演していたコンガ奏者の言葉なのだそうだ。

 

21044431

こういういつも悪巧みをしてそうな紳士になりたい。

【復刻記事】僕の無事を祈る。

先日彼女に貸しているケータイが壊れた。
異常なまでに物持ちの良い彼女はケータイやパソコンなども本当に動かなくなるまで決して手放さず、節操なく投げ飛ばしたりうっかり他の荷物の下敷きにしたりしながら徐々にそれらの機能を殺し、生命の雫一滴をすすり切るまでその手を休めない。
以前使っていたケータイも電源がつかなくなったためにアドレス帳を移すことができず、当然その不機嫌さの余波を受けた僕は、頼むからアドレス帳のバックアップデータはとっておいてくれと頭を下げていた。
あの時は本当にこれが余波かと目を疑ったものである。

今回壊れたケータイもヒンジ(二つ折りの首の部分)が片方砕かれていたがそれでもハードな使用に耐え続け、最終的にディスプレイが召されるその日まで牛馬のごとく働かされていたという。
彼女からケータイの様子がおかしい、ケータイのくせに私の言うことを聞かない、といった連絡を受けた時、僕はようやく魂の牢獄から開放された彼の安息を心から祝福し、近い将来自分の身にふりかかるであろう終焉の時を見たかのような気持ちになって今ここにある日々を戦々恐々として生きている。

とにかく早急に新しいケータイを用意しなければならない。
当然のことながら彼女からは新しいケータイの催促の電話がきている(お互いソフトバンクのケータイも持っているのだ)。
僕が

「そんなに早く僕と気兼ねなく連絡がとりたいのか。 かわいい奴だ。」

と言うと、

「近所に住んでる年下の男の子がモンスターハンター3を買ったから二人で遊ぶねん。 その子の連絡先が壊れたケータイにしか入ってないから、はやくつながらんと困る。」

と言われた。
元々も互いの間だけの連絡のつもりで作った回線ではなかったか。
というか僕が金を払っているのにどうしてそんな堂々と別件で使えるのか。
年下の男の子とは誰なのか。

様々な疑問が胸をかすめていったがそんなことはどうでもいい。
とっとと次のケータイを用意しなければ何を言い出す分からない。
機種は何でも良いと言われたが、本当に何でも良い訳が無いことは言わずもがなである。
再三に渡る協議とやはり山ほど出てきた要望をまとめた結果、IS03なる機種を購入することとなった。
62000円だ。
うちのパソコンよりも家賃よりも高い。

img_f_section01_1

ということでauで働いていたころの同僚に無理を言い、発売日当日にこれを手に入れることに成功した。

「予約ばかりで普通に店に行ったのでは買えなかった代物だ。 大事に使いなさい。」

と言い新しいケータイを郵送で渡すと(実際送った文面の大半を占める「ごめんなさい」と「すいません」は省略させていただいている)、この時ばかりはさすがに彼女もお礼の言葉を言っていた。
その言葉が僕の頭上を大きな放物線を描いて通り過ぎ、元同僚の頭上に降り注いだことを確認したと伝えると、彼女は一瞥もくれずに一言だけメールを打ってきた。

「これ使いにくい」

別のものに変えろと言われなくて本当に良かったと胸を撫で下ろす。
何だかんだで新しくて高いものを持っているということで、実際のところ機嫌は悪く無いようだ。

だが一つ、決死の覚悟で彼女に伝えなければならないことがある。
その件については既に散々催促をされているが、きちんと答える勇気がなかなか出ない。
だがこのまま粘りつづけたところで待っている未来は変わらない。
そうして僕は勇気をふりしぼって文面を作った。

「そのケータイには、アドレス帳のバックアップデータは落とせないらしいです。」

後は送信ボタンを押してケータイの電源を切るだけだ。

※この記事は

「君の並々ならない人間的魅力を世間の普通の女しか知らない男たちにも知ってもらいたい」

「なら仕方ない。 きちんと素晴らしい人間だといい男を選んで伝えるように」

と彼女本人の了承を得て書かれています。
若干美化が過ぎるところがありますが、僕の身を守るためと思い御容赦下さい。

2010/12/31更新

【復刻記事】警備員の錯乱

警備員の朝は早い。 その時の現場によっても大きく変わるが、朝八時の始業に間に合わせるために現在は六時ごろに家を出る生活をしている。 冷え込む冬は制服の上からジャンパーを羽織ってモコモコなスタイルで動き回るのだ。

今日はいつもより早めに家を出た。 電車の本数が減らされていることもありダイヤが不安定な昨今は通常より早く出勤するのが社会に生きる大人の常識というものである。 決して貞子的なものに追いかけられた夢を見たので二度寝が出来なかったとかそういうことではない。

ホームに滑り込んできた電車は通常よりも混み合っているものの昨日のそれよりは明らかに空いていた。 車内中ほどの吊り革に捕まり昨日殺人的なボディプレスを交わしたオヤジ達が今日もこの狭い空間を無言で奪い合うのかと思い

「ぐふふ、愚か者どもめ」

と含み笑いをしていると突然目の前の席が空いた。 隣のオヤジを威嚇しながら腰を降ろす。 やはり早起きはいい。 何となく体も軽いような気がする。

「ひゃーはっは、馬ァ鹿めェ」

と勝ち誇った気持ちになり足を組んだ瞬間、息が止まるような感覚を覚えた。 今組んだ僕の長い足(幼児、小型犬、シマリスなどと比較して)が黒っぽいデニム生地に包まれているではないか。 当然警備員の制服が黒っぽいデニム生地のようなカジュアルで実用的な素材でできている訳がない。 もっとこう迂闊にストーブなどに近付けない、まるで気遣いのない布切れだったはずだ。 もしやと思いジャンパーの下を恐る恐る覗くと見慣れた黄色いジャージが見える。 もう混じりっけ無しの普段着だ。 体が軽いはずである。 現場に制服を置いて来ていた、実は今日は仕事ではなかった、つい最近私服でも仕事ができるようになった、など様々な可能性を加味して熟慮を重ねた結果、次の駅でドアが開いた際に

「おりますぅぅぅ」

と叫ぶのがベストであるという結論に達した。

 

 

・・・

ホームに滑り込んできた電車は通常よりも混み合っていた。 人が完膚なきまでに詰め込まれている。

「本気なのかい…?」

と暗に訴えかける先人たちの視線を掻い潜り殺人的なボディプレスを交わしながら狭い空間を無言で奪い合う。 デジタルの時計は、ちょうど八時を示していた。

 

※2011/3/18の記事より

2011年03月のブログ|山本優作のエッセイブログ「そこ、ちょいフラットやで。」