サービスについて

ゆうさくが提供するサービスは、どれも「あなたのやりたいことを一緒にやる」というものです。何らかのノウハウをシェアする時も、マンツーマンで深く心を探っていく時も、何をしていてもこの考え方が根底にあります。

僕は一人遊びが好きな少年でした。もっと正確に言うと、僕が「これくらい遊びたい」という遊び方に付き合ってくれる友人がいなかったのです。

片道10分かかる小山のてっぺんに毎日何往復もして木材や道具を運んで秘密基地を作る。
ダンボールを工作して使われていない教室に椅子テーブル付きの小屋を建てる。
納得のいくイラストが描けるまで何時間でも何時まででも筆を躍らせる。
毎日朝6時に登校して2時間空手の朝練をする。

たぶん周りのみんなは「そこまではしたくないかな」と思った。で、僕はそこまでしたかった。さみしさはあったけれど、やりたいことをやりたいだけやる喜びがありました。それを味わい尽くす時間もありました。本当に幸せな少年~青年時代を過ごしました。

色々なものに飽きてきたけど「人」にだけは飽きない

プロフィールにも書いている通り、僕は自分が「カッコイイ!」「楽しそう!」と感じたものに次々手を出すタイプです。それは逆に言えば、これまでやってきたことを次々とやめている、とも言えます。

飽きちゃって次に行くこともあれば、次を見つけたから玉突き的にやめたものもあります。色々なことをやめてきたけれど、どうしてもやめられないことがあります。それが「人の探求」です。

人には心があって、体があります。物語があって、やりたいことがあります。どんな人にもドラマがあります。大切にしていることがあって、希望があって、だからこそ傷付いた過去があります。ひとつひとつが奥深く、かつそれらが渾然一体となって一人の人間を形作っています。それが、めっちゃ面白いのです。

僕はあなたに質問しまくります。「これってどんな気持ち?」「その時ってどう動いてるの?」「○○ということかなーと思ったんだけど、そう聞いてどう思う?」などなど。知りたくってしょうがないのです。人のことが。あなたのことが。そうやって人を知っていく先には、必ず感動があるのです。僕の心が震える何かがあるのです。だから僕は人が好きです。あなたのことが大好きです。

僕は自分の感動のために、あなたに質問をします。あなたには、それを利用してもらいたいのです。

多くの人は、自分の気持ちを自分だけで明確にすることができません。僕もそうです。聞かれるから答えられるということが、僕たちの中にはたくさんあります。僕はあなたにたくさん質問をして、あなたを知って、感動します。あなたは質問されて、それに答えることで自分の考えが整理され、優先順位が明確になり、具体的なプランが組み立てられます。お互いハッピーじゃろ?

サービスについて

正式なサービスは2020年1月末のローンチを目指し、現在開発中です。ワークショップや個人セッションをモニター開催しつつ、どんなサービスをどれくらいの価格で提供すればいいか、仲間たちと練り上げています。

もしゆうさくの考えに共感していただき、「モニター段階から参加できんか!」と心の荒ぶるをいかんともし難いという方がいらっしゃったら、LINE@にご登録いただくか、TwitterFacebookよりお問い合わせください。

あなたのことを教えてもらえる日を、楽しみにしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする