>>>記事が楽めたなら、シェアしてもらえると嬉しいんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい習慣の身につけ方。

>>>記事が楽めたなら、シェアしてもらえると嬉しいんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

色々な本を読んでいると、世の中の成功者と呼ばれる人には成功者たりえる習慣があると書かれている。
彼女からの電話がある度に動機、息切れ、目眩いなどが生じる習慣のある男が成功したという記述はまだ見つかっていないので、不安ばかりがつのる。

習慣というのは実に厄介である。
例えば楽器の練習をしなければならないミュージシャンの卵が仕事から帰ってくるなりテレビをつけてしまう、これが習慣である。
よくテレビを見ながらギターを弾いて・・・などと偉そうに述べている者がいるが、テレビを見ずにギターを弾いた方がよっぽど上手くなるに決まっているのだから、そんな習慣は無いほうが良い。

しかし、既に習慣化したものに新しい習慣を重ねる事は、容易ではない。
習慣とは、無意識であるからだ。
自宅に帰ってきてテレビをつけるためにチャンネルに手を伸ばすのは、無意識な行為なんである。最初の段階として、まず

「今僕はテレビをつけようとしているぞ」

ということに気付かなければならない。ようやくここから意思の戦いが始まるのだ。

しかし、意思の戦いが始まっても、それに勝利できるとは限らない。
テレビを見ること自体が自分の夢や目標に何の利点も無いことを理解してなお、その日の番組の内容が気になって仕方が無いのである。
ちょうど、僕が彼女からの電話を受けても恐怖に負けないように、

「どうせ怒られる時は視界に入ったというだけでも怒られるのだから」

と開き直ろうという意思を動かしても、やはりドキドキしてしまうのに似ている。

そして仮に意思の戦いに勝利しても、それでその行為が習慣化するのかというと、そうではない。
家に帰ってきてテレビをつける習慣は、何ヶ月何年という生活の中で体に刻まれているものである。
たった一度や二度うまく退けたからといって、簡単に上書きができるものではない。
少なくとも数週間は、意思との戦いが待ち受けている。

人は自分の行為を肯定したがるものである。
自分は正しい。
余計なことなど言われたくない。
そういった感情が働くと、日ごろの習慣を変えることなど絶対に不可能である。
大切なことは、無意識で行っていようが意識的に行っていようが、行動はすべて行動という点で同一であり、どちらが正しい正しくないという判断は余計であると知ることだ。

僕たちは家に帰ってテレビの前に転がり込んでもいいし、楽器を抱えて必死の練習を繰り広げてもいいんである。
今一度問いただすべきなのは、本当に自分の意思でその行動を選択しているのか、ということだ。
僕がテレビを見たくて見るのなら、それはそれでいい。
なんとなくテレビをつけてしまうことで、『どちらでもいい』という選択を破棄し、人生の主体性を手放しているところに、問題の本質が在るのだ。

こんなことを考えていたらiPhoneが震え始めた。
電話元は彼女だ。
僕もiPhoneに負けじと震える。
しかし僕は今自らの意思と戦うことを選んだのだ。
もはやただ震えているだけのイケメンではない。
この情けない習慣に、強く凛々しく逞しい本当の僕という習慣を上書きするのである。
僕ははちきれんばかりに胸を打つ鼓動を押さえ込み、勇気を振り絞って電話に出た。

僕「んもっ・・・っしもし」

彼女「あ、間違えた(ブツッ)」

大型犬に威嚇をする子カマキリななった気持ちである。
しかし、結果はどうあれ厄災は去った。
自らの勇気を讃え、胸をなで下ろしていると、彼女からLINEのメッセージが届いた。

彼女「この前代払いしたあんたが東京に行った時のバス代、まだ払ってもらってないよな」

借金の返済をスルーする習慣を、さらに高次に引き上げる必要がありそうだ。

IMG_6276

新京極のカフェで食べたウサギさんドーナツ。
こういうものを毎日食べる習慣なら、いつでも身に付ける準備がある。

メルマガ配信しています。

メルマガ購読・解除

ブログには書けないような愉快な話、不思議な話、熱い話などを、書きたいと思った時にお送りしています。

もちろん、ライブのスケジュールや新しい動画の配信のお知らせなども。

登録希望の方は上記の登録フォームにメルマガを購読するメールアドレスを打ち込んで、「送信」をクリックしてくださいませ。

まぐまぐ!のページに行けばバックナンバー(過去記事)も公開するようにするので、現段階ではまだ一本もありませんが、過去の内容も全て公開しています。

では、メルマガでも会いましょう。登録よろしくね。

※メルマガ登録時、まぐまぐ!の公式メルマガも同時に登録される使用です。不要の方は、お手数ですが、まぐまぐ!のページから購読解除のお手続きをお願い致します。

まぐまぐ公式ページ

→ページ右上の『メルマガ解除』をクリックして、登録したメールアドレスを入力してから『解除URLを送信』をクリック。
登録したメールアドレスに購読中のメルマガ一覧が届くので、不要なメルマガの解除URLをクリックしてください。
まぐまぐの公式メルマガ結構あるから、ちょっと面倒おかけします。ごめんね。 a

Information

■information

◇メールマガジン《きれいな音になる》

ブログでは中々話さない「心」や「生き方」の話しを、月に3〜4本ほどのペースでお届けしています。 きれ音登録ボタン ※PCのみ。スマホでこのページを見ている方は、こちらのフォームからお申し込みください。

>>>記事が楽めたなら、シェアしてもらえると嬉しいんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

>>>フォローしてくれたら嬉しいんだ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です