【自分とイチャイチャする】集中力の続かない人必見。ひとつのことに集中し続けるためにできる3つのこと+α

何かやらないといけないことがあるのに、それを差し置いて別のなんの生産性もないことに時間を使ってしまう。そんな「衝動的な脱線」がちょいちょい起こります。しかもやっかいなことに、頑張りたい、頑張らないといけない時ほど起こるのです。

「衝動的な脱線」は悪者にされがちですが、実は正しいことです。僕たちの心に必要なことなのです。それは少し言い換えると、「衝動的な脱線」をすることで満たしたい″ニーズ″が自分の中にあるということ。そして、その″ニーズ″を十分に満たしてあけることができれば、「衝動的な脱線」は起こりづらくなります。

どうすれば「衝動的な脱線」を回避しつつ、やりたいことや、やるべきことに集中して取り組むことができるのか。自分を否定せず心穏やかに前進していけるのか。あなただけに、お伝えしましょう。

【1】それに取り組む理由に繋がりなおす

わが家には今生後三ヶ月の息子がいます。在宅で仕事をしている時など、息子を抱いて一緒にあぶあぶ言っていると、ムクムクとやる気が湧いてくるのを感じるものです。

彼がこの先出会えるチャンスを、僕が広げられる最大値まで広げたい。そんな気分が胸の奥から湧き上がってきます。

その気分で仕事に向かうと、捗るったらありません。くたびれてきたらまた抱っこしてやる気を再生成すればいいので、コスパもいいです(笑)。

これは仕事の例ですが、どうして自分がその物事に取り組むのか、取り組まなければならないという考えの根底にあるニーズに思考ではなく感覚のレベルで繋がることは、僕たちの行動力を力強くサポートしてくれます。

【2】普段から積極的に快楽を追求しておく

心が「もう嫌だ!」と叫んでいるなんてことも、よくあることです。僕たちは衝動を抑え込み、冷静に立ち振る舞うことが素晴らしいと教育されてきたのですから。しかし、「もう嫌」なのも真実です。

なら、何が嫌なのか。僕の場合ですが、毎日毎日同じようなことをずっと繰り返しやり続けていると、「もう嫌だ!」という衝動が突き上がってきます。僕の場合、「もう嫌だ!」の後に続く言葉は、「もっと遊びたい!」です。

映画を見に行く。
カラオケに行く。
おいしいものを食べに行く。
思いっきりゲームをする。
友達とおしゃべりをする。
舞台やコンサートを見に行く。

そんなことを忘れて僕たちは、日々をやらなければならないことや、意味のあることで埋めようとします。でも、それは違うのです。

「もう嫌だ!」という衝動が上がってきて、それでもその衝動と戦おうとすると、衝動と戦うことにエネルギーが消費されて、本来取り組むべき目の前の物事に対して全く集中できなくなります。

また、「もう嫌だ!」の衝動を抑え込み続けると、自分のやりたいことを叶えてくれない自分を嫌いになる、という循環にも陥りがちです。その衝動が起こる前に、少なくとも週に2〜3回は娯楽を通して自分に快楽を与えてあげましょう。

【3】筋トレをする

ちょっと意外かもしれませんが、身体中でエネルギーが溢れてしまって暴走している、なんてことが時々起こります。何をしても空回ってるような気になったり、「あれがしたいなぁ」なんて思いが目の前の物事から集中を剥ぎ取っていきます。男性の方ならウズウズしちゃって、下半身に手を伸ばす、なんてことが起こりやすいのもこのタイミングです。

エネルギーを持て余している時は、手に負えるレベルまでエネルギーを消費してあげれば問題は解決します。おすすめは筋トレ。普段身体を動かす機会が少ない人は、スクワットを30〜50回もすれば、いい感じにエネルギーが消費されて気分が落ち着きます。

それから、なんだか元気が出ないなぁという時もやっぱり筋トレがおススメ。運動って、身体の中のエネルギー量を最適化してくれる効果効能があるのです。走る方が好きな人はそれでもいいですよ。できるだけ、胸や太もも、背中のような、大きな筋肉を動かすようにしてみてください。

【+α】寝る

疲れ果てて集中ができないなら、もう寝るしかありません。何かの本で、10時間以上働いた状態でさらに働き続けるのは、酩酊した状態で仕事をするのと同じ程度のクオリテイしか発揮できないという研究データがあると読みました。

不安かもしれないし、時間はないかもしれないけど、今一晩かけてやった作業を明日の昼にクラクラしながら修正することを考えると、切なくて涙が出てきます。

睡眠時間を削ることは、一時的な不安の解消と引き換えに、自分の取り組みの品質や命を犠牲にするということです。踏ん張らなければならない夜もあるでしょうが、もし慢性的に睡眠不足が続いているのなら、ぜひライフスタイルを見直してみてください。

「衝動的な脱線」を、ただの″サイン″として見つめる

目の前の物事に集中できないと、「集中力がないなぁ」「向いてないのかなぁ」「私ってダメだなぁ」と、自分を責めてしまいがちです。だけど、「衝動的な脱線」って、実はただの心と身体からのサインです。あなたの人格にはなんの関係もありません。もう本当、屁が出るくらい関係ねぇのです。

「衝動的な脱線」が起こってるな。。。

今の僕の気分は?

今の私の身体は?

どんな感じがするの?

心静かにそう問い掛けるだけで、自分との関係は素敵に整っていきます。「おおそうかそんなに滾っちゃってんのか」なんて声を掛けながらスクワットをするのは、中々上質なセルフ・イチャイチャです。

ぜひ自分の心や身体が発しているメッセージに耳を傾ける、その機会のひとつにしてみてください。

Information


ゆうさくの記事は全てシェアフリーです。
いいネタがあったら、自分が考えたことみたいに広げちゃっていいかんね。


LINE@はじめました。友だちになろう。
友だち追加


ゆうさくは、こんな人です。
プロフィール
ライフブログ

【やりたいこととの付き合い方】の記事はこちら
■カテゴリーまとめ:やりたいこととの付き合い方
◀︎前の記事:自分が欲しい「気分」に繋がる「考え」を自分で選択する
▶︎次の記事:作成なう╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !


Information

Information

ゆうさくの記事は全てシェアフリーです。

いいネタがあったら、自分が考えたことみたいに広げちゃっていいかんね。

LINE@はじめました。友だちになろう。
友だち追加


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする