アヴァンギャルド葬送のひととき。

待合室に入ると思っていたよりも人がいて、あれこれと慌ただしく動き回っている。僕はと言えば、お恥ずかしながら自分のスーツを持っていないものだから、母が持ってきてくれた...

記事を読む

論理的でなくてもいい。「頭を使う」とはどういうことか。

洗濯物をたたみながらぼんやりとしていたら、ふと今僕が悩んでいた問題の解決の糸口が見つかった。こういったアイデアは、悩み続けるよりも一度頭を空っぽにしたり、別な刺激を...

記事を読む

技術力と人間力のバランスとイケメンからの忠告。

音楽家は技術職である。例えばギターを弾く人なら、ギターの弦を鳴らす技術、ギターを現場まで運ぶ技術、彼女にバレないように新しいギターを買う技術などが求められる。 ...

記事を読む

出会い繋がりテロリスト。

ロフトの上に布団を敷いているこの事務所では、朝起きると白い天井が目の前にある。真っすぐ身体を起こすと頭を打つので、いつものように腹這いになってから肘で身体を持ち上げ...

記事を読む

喫煙席に誘導された非喫煙イケメンと正しい質問。

先日レストランに入ったところ、出迎えてくれた女性店員が 「おタバコ吸われますか?」 と聞くので 「吸いません」 と応えたら、 「今喫煙席しか空いてないんで...

記事を読む

許せる人と許せない人と冤罪のイチゴ。

人は自分が理解できないことを見下したり、拒絶したりすることがある。例えば、『愛だ大切だ』ということは誰しもが知っているが、『愛』を理解している人は少ない。その結果、...

記事を読む

誠実なイケメンが朝日新聞の謝罪から感じた将来への不安。

僕は今まで嘘を付いたことがない。約束や宣言を果たせなかったことはあるが、それらは全て約束や宣言の後に実行不可であることが判明した事例である。時間までにたどり着くとい...

記事を読む

人知を越えたプリン戦線。

東京への出向から帰ってくると、大阪の事務所の冷蔵庫に買った覚えの無いプッチンプリンが入っていた。いつも頑張っている僕に神様がご褒美をくれたのかと思い感謝の祈りを捧げ...

記事を読む

山本優作ワンマンライブレポート。

東京でのワンマンライブが終了した。本当に久し振りに会う方、普段はFacebookでやり取りをしている方、いつか共に情熱を燃やし同じゴールを目指した仲間などなど、本当...

記事を読む

12年前からやってきた棚。

僕の実家にはちょっと広めのガレージがある。昔は車二台が頭を突っ込んでいたその駐車場は冬場にはみかんの選定場となり、じーちゃんや、亡くなったばーちゃんが、せっせとみか...

記事を読む