【やりたいこととの付き合い方】やりたいことが重くなった時は、他の何かで支えて軽くしてみる


ゆうさくは、こんな人です。
わが愛しのAm〜いわゆるライフブログ〜

【やりたいこととの付き合い方】の記事はこちら
■カテゴリーまとめ:やりたいこととの付き合い方
◀︎前の記事:やりたいことをしていても、ワクワクしないことはある
▶︎次の記事:人から評価されたら「あなたはそう感じたんですね」と言ってみる


「やりたいこと」の対義語として、よく「やらなければならないこと」という言葉が出てきます。そして、「やりたいこと」は時として「やらなければならないこと」になっちゃうことがあります。

僕がフリーランスのミュージシャンだった時は、その現象がビシッと発生しておりました。ただ好きで楽しいということが理由で音楽をしていたのが、生活のため、収入のために音楽をするようになってから、音楽は「やらなければならないこと」になりました。

そしたらねえ、重いんです。ブログを一本書くにも、営業ひとつこなすにも、とにかく重い。腰が重い。手が動かない。動けない自分のことを嫌っているうちに、音楽をすることがつまらないなぁと感じるようになっていたのでした。

第4回:やりたいことが重くなった時は、他の何かで支えて軽くしてみる

※再生ボタンを押すと音が出ます。ご注意ください♥

 
 
どうでしたかしら。

余談ですが、僕は身体の使い方の勉強を勉強をしてまして。その先生がくれた言葉に、「人にの身体は、その人の願いを叶え続けている」というのがあります。そしてその後に、「願いは軽やかなほどよく叶うのよ。花に蝶がとまるくらいの軽やかさがいいの」と続きます。願いは軽やかなほど叶うって、すっごく素敵なことだと思いませんか?

願いを叶えるためにおりゃあと重い腰を上げることも時として必要ですが、それしかやり方を持っていないと、かなり大変です。毎回けっこう頑張らないといけないから、自分の体調や気分が沈んだ時にはクリアできなくなったり。

それで自分のことを嫌いになっちゃって、やりたいことと向き合うことが、嫌いな自分と向き合うこととイコールになっちゃって。僕が音楽をやめた時の心の動きって、そんなことでした。だから、やりたいことが軽くなるために何ができるか、考えることって大切なんだと思います。

ご意見ご感想、お待ちしてまーす。


ゆうさくは、こんな人です。
わが愛しのAm〜いわゆるライフブログ〜

【やりたいこととの付き合い方】の記事はこちら
■カテゴリーまとめ:やりたいこととの付き合い方
◀︎前の記事:やりたいことをしていても、ワクワクしないことはある
▶︎次の記事:人から評価されたら「あなたはそう感じたんですね」と言ってみる


Information

Information

ゆうさくの記事は全てシェアフリーです。

いいネタがあったら、自分が考えたことみたいに広げちゃっていいかんね。

LINE@はじめました。友だちになろう。
友だち追加


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする