【やりたいこととの付き合い方】人から評価されたら「あなたはそう感じたんですね」と言ってみる


ゆうさくは、こんな人です。
わが愛しのAm〜いわゆるライフブログ〜

【やりたいこととの付き合い方】の記事はこちら
■カテゴリーまとめ:やりたいこととの付き合い方
◀︎前の記事:やりたいことが重くなった時は、他の何かで支えて軽くしてみる
▶︎次の記事:飽きないように、頭を使う作業と単純作業を繰り返す


人の評価って気にならないですか?僕は気になっちゃって気になっちゃって、それで音楽やめちゃいました。うはは。

みんなきっと、「人の言ってることなんか気にしなくていいよ」って言われたことがあると思います。でも、それってすごく難しかったです。っていうか、ぜーんぜんできなかった。

そもそも、どうすれば人の評価を気にしないでいられるか、具体的な方法って誰も教えてくれなかったんですよね。その辺のことに最近僕なりに答えが出たので、シェアしてみます。

第5回:人から評価されたら「あなたはそう感じたんですね」と言ってみる

※再生ボタンを押すと音が出ます。ご注意ください♥

どうでしたでしょうかしら。

気付いた人もいるかもしれませんが、頭の中で「あなたはそう感じたんですね」と言うと、相手との対立や自己否定が生まれません。そこにあるのは、「自分の考え」と「相手の考え」です。歯を食いしばったり、何かすごい壁を乗り越えたりする必要ってないんですよねー。

バカみたいに感じるかもしれないけど、効果てきめんです。日常会話の中でもぜんぜん使えるので、ぜひ一回試してみて、感想を聞かせてください。ではでは。


ゆうさくは、こんな人です。
わが愛しのAm〜いわゆるライフブログ〜

【やりたいこととの付き合い方】の記事はこちら
■カテゴリーまとめ:やりたいこととの付き合い方
◀︎前の記事:やりたいことが重くなった時は、他の何かで支えて軽くしてみる
▶︎次の記事:飽きないように、頭を使う作業と単純作業を繰り返す


Information

Information

ゆうさくの記事は全てシェアフリーです。

いいネタがあったら、自分が考えたことみたいに広げちゃっていいかんね。

LINE@はじめました。友だちになろう。
友だち追加


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする