【やりたいこととの付き合い方】飽きないように、頭を使う作業と単純作業を繰り返す


ゆうさくは、こんな人です。
わが愛しのAm〜いわゆるライフブログ〜

【やりたいこととの付き合い方】の記事はこちら
■カテゴリーまとめ:やりたいこととの付き合い方
◀︎前の記事:人から評価されたら「あなたはそう感じたんですね」と言ってみる
▶︎次の記事:作成なう╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !


いくらやりたいことだからって、ずっと同じことをし続けることはできないものです。人は同じ事を繰り返し続けることに向いてない生き物ですしね。それに、同じ事を長時間続けることに価値を見いだしちゃうと、何かの理由で長時間取り組めなくなった時の自己批判が半端ないことになるので、けっこう危険だったりします。

同じことをずっと続けることが難しい一番の理由は、やっぱり「飽き」じゃないでしょうか。そういえば、大食いの人が一番辛いのは「飽き」なんだって何かの番組で言ってました。だから、やりたいことに取り組む時も、そもそも「飽きにくい」構成を作って取り組むようにするのがオススメです。

飽きないように、頭を使う作業と単純作業を繰り返す

※再生ボタンを押すと音が出ます。ご注意ください♥

 
 
いかがだったでしょうか。

たいていのテクニックやスキルは何度も繰り返し取り組むことで育てるものです。だから「飽き」って、実は僕たちが思っているよりも重大な課題だと日々感じています。前回の記事で話題にした「腰が重い」と並べて、気を付けて付き合わないといけない感覚です。

頭を使う作業と単純作業を繰り返す。できたらアラームをセットして、25分とか30分で作業を切り替えるようにすると、本当に一日中やり続けられます。もちろんその分疲れるから、夜はしっかり寝ようね。

ではでは、また次回。


ゆうさくは、こんな人です。
わが愛しのAm〜いわゆるライフブログ〜

【やりたいこととの付き合い方】の記事はこちら
■カテゴリーまとめ:やりたいこととの付き合い方
◀︎前の記事:人から評価されたら「あなたはそう感じたんですね」と言ってみる
▶︎次の記事:作成なう╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする