僕が「やりたいことサポート」を仕事にした理由

ゆうさく
ゆうさく
わが家のテレワーク作業。僕は執筆と動画編集。妻はポケットモンスター剣のプレイ。息子はアンパンマンの発音練習(「ぅわんぷァ」が言えるまで進捗しました)。

僕の仕事は「誰かのやりたいことをサポートする」だ。抽象的過ぎて分かりづらいね。僕一応マーケティングの会社の社員なのにね。

いやでも、実際これが精一杯である。「やりたいこと」が人によって違いすぎるからだ。

忙し過ぎる日々の中で自分を見失ってしまった20代のメンズと、どうして今それをしているのかを丁寧に整理して、消えかけていた情熱の灯を一緒に探し出したこともある。

ネットで情報発信ができないという50代の先生業の方とは、1時間のセッションの中でブログを立ち上げて、ぎゃあぎゃあやりながら最初の4つの記事の骨子を組み上げた。

東京から遠く地方に移住したシングルマザーの新しい恋を数ヶ月間応援し続けたこともある。

こんな事例が他にもいくつもあるのだけど、でも僕としては同じことをやっている感覚である。つまり、「誰かのやりたいことをサポートする」をやっているのだ。

やりたいことサポートの仕事は面白い。超面白い。マジで面白い。その面白さについて、ちょっと自慢させてほしい。

やりたいことサポートが最高に楽しい3つの理由

「やりたいこと」をガマンして生きてきた人たちは、みんな真面目なのだ。真面目というのは言い換えると「人の期待に応える」ために生きているということだ。

順番が違う。「人の期待」よりも先に「自分の願い」に応えないと、「やりたいこと」ができる日は永遠にこない。

自分の願いとはつまり、「やりたいこと」だ。「やりたいこと」に取り組んでいる人のキラキラした表情や、エネルギッシュな活動の近くにいると、僕も一緒に元気になれる。僕もやるぞ!一緒にやるぞ!というパッションが湧いてくる。

あと、クライアントさんが「やりたいこと」を見つけて取り組むプロセスで、僕は彼、彼女のことを深く深く知ることになるの。すると、クライアントさんのことがどんどん魅力的に見えてくるのだ。知ることは愛することだ。僕はクライアントさん達のことが大好きだ。大好きな人達に囲まれて仕事をするのだ。ヤバイでしょう、これ。

どうしても「やりたいこと」ができない時は、慎重に理由を探る。すると子どもの頃に受けた心の傷や、ちょっとした行き違いで生まれた勘違いが見つかって、一緒に泣いたり、何だか乗り越えちゃってゲラゲラ笑ったりする。実はこの時、僕も一緒に癒やされちゃっているのだ。

クライアントさんのエネルギッシュな姿に感化されること。

クライアントさんのことを好きになるから、結果的に好きな人としか仕事をしない状況になること。

クライアントさんの心が癒やされる瞬間に、僕自身も癒やされること。

この3つが、僕が今の仕事をやりはじめた理由だと公言しているのだけど、実は、本当は、もうひとつ大きな下心がある。それは

わが偉大なる下心→遊ぶように生きる大人が増えると、息子の未来が明るくなる

少し前、1歳になったばかりの息子とお風呂に入っている時に、雷が落ちてきた。

そうか、僕が色んな人のやりたいことをサポートすると、「やりたいことをやる、って、当たり前じゃんね」という価値観が少しずつ広がる。僕のクライアントさんは割と同年代が多いから、息子が社会に出る頃には、40~50代の影響力の大きな年代になっている。

息子が社会に出て出会う大人たちが、「やりたいことをやる、って、当たり前じゃんね」という前提で、価値観で、生きていたらどうだ。生まれた家庭を離れた息子を、素敵な大人たちが導いてくれるのだ。そんなもん、どう考えても未来が明るいじゃないか。

ああそうか。僕の仕事は、息子の未来への投資でもあるんだ。そう思ったらすごく泣けてきて、思わず息子を抱きしめた。彼は湯船の中で笑いながら放尿した。

あなたのやりたいこと、サポートします

個人セッションのモニターを募集する時に、大勢の方にDMを投げさせてもらったのだけど。その時に多かったお返事が「今やりたいことがないので、役に立てないと思う」だった。

断言するけれど、「やりたいこと」がない人は一人もいない。「やりたいこと(=自分の願い)」よりも、「人の期待」を優先させるクセのある人がいるだけだ。

「やりたいこと」のハードルは低ければ低いほどいい。笑いたくってお気に入りのギャグ漫画を読むのも、感動したくって話題の映画を見に行くのも、ちょっともよおしておトイレに行くのも、全て「やりたいこと」だ。

それくらい「やりたいこと」のハードルを下げてみると、自分が毎日「やりたいこと」しかやっていないということが見えてくる。すると、「これよりもっとやりたいことがある」ということにも気付きやすくなる。

そんなことに気付いて、ゆうさくと一緒に探求していく個人セッションを、ようやく正式にリリースします。近日中に。楽しみにしててね。

Information

Information

ゆうさくの記事は全てシェアフリーです。
いいネタがあったら、自分が考えたことみたいに広げちゃってね。

友だち追加

山本優作の公式LINEです。
ブログやYouTubeの更新通知、その他のお知らせが届きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする