>>>記事が楽めたなら、シェアしてもらえると嬉しいんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イケメンの休日と大自然の脅威。

>>>記事が楽めたなら、シェアしてもらえると嬉しいんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は私的安息日であった。日々を仕事で埋めることは働いている時は充実しているように感じるが、気が付くと集中力が散漫になっていたり、アイデアが凝り固まってしまうから油断ならない。安息日を多めにとったところで、バチは当たるまい。

そんな今日は愛車ジムニーたんの洗車をした。車好きで整理整頓が苦手な父がたらふく買ってきた洗車アイテムが車庫のあちらこちらで埃まみれでこちらを見ていたが、クールでイケメンで時として雄々しいと評判(セルフアンケートによる)の僕はそんな怪しげなものには目もくれず、スポンジとホースを抱えてこれに取りかかった。

水をたっぷりぶっかけ、黄色いスポンジで優しく撫でてやると、ジムニーたんはその雪よりも白い肌を恥ずかしげもなく露出する。普段道路の上がどれほどに厳しい環境であるのか、実感する瞬間である。

車体の左側からボンネットを荒い、背中を流して右側を洗う。屋根を洗い忘れていたことに気付いてイスを持ち出し汚れを洗い流すと、車体全体に汚れが落ちてきたためまた洗う。出来る男は、手間を惜しまない。

ひとしきりの清掃を終えると、ジムニーたんは見違えるような輝きを放ち始めた。僕は特別車に愛着を持つ方ではないが、さすがに普段乗り回していて色々と世話になっている車が自分の手で美しくなってゆくのは、気持ちの良いものである。

僕は車を乾かすついでに母の実家の化け猫シロちゃんにゴハンをあげるべく、生まれたままの姿となったジムニーたんを颯爽と走らせた。

流れ行く景色が、ジムニーたんの美しいボディを祝福しているようだった。道端を走っていったアライグマも、あら素敵なジムニーね、といった視線を投げてよこしていうように感じる。

いつもは歩いて来ている母の実家に着くと、当然であるのだけど時間が余る。僕はその辺でぺしゃんこになって惰眠を貪っていたシロちゃんを膝に乗せ、縁側に座って本を読んでいた。

穏やかな春の陽射しが少しずつ流れてくる夜の涼しい香りと混ざり合う、優しい時間であった。

本が切りのよいところまで来たら、膝の上のシロちゃんの体温がこちらにも構えと言っていた。僕は本を閉じ、いつのまにか夕方と呼べる色に染まった空を大きく見上げた。その時であった。

黒い影がバサバサッと視界の端を慌ただしく通り抜けたかと思うと、重量感のある液体のようなものが斜め一刀の筋を引き、ジムニーたんの後部窓に直撃、ビタンというトマトを高いところから落としたような音を立てて小さく爆ぜた。

トリノ・ウンティーヌであった。

ジムニーたんが少し、震えたような気がした。

僕は呆然として、もうええわいと膝を離れたシロちゃんを捕まえることも忘れて、ただただ呆然としていた。

人ひとりの努力など、大自然の脅威の前には圧倒的に無力だ。人は常にその中で生かされている。そこはかとなくしょんぼりとしたジムニーたんヘッドライトを見つめながら僕は、そんなことを思った。

写真 2014-05-19 18 51 19

メルマガ配信しています。

メルマガ購読・解除

ブログには書けないような愉快な話、不思議な話、熱い話などを、書きたいと思った時にお送りしています。

もちろん、ライブのスケジュールや新しい動画の配信のお知らせなども。

登録希望の方は上記の登録フォームにメルマガを購読するメールアドレスを打ち込んで、「送信」をクリックしてくださいませ。

まぐまぐ!のページに行けばバックナンバー(過去記事)も公開するようにするので、現段階ではまだ一本もありませんが、過去の内容も全て公開しています。

では、メルマガでも会いましょう。登録よろしくね。

※メルマガ登録時、まぐまぐ!の公式メルマガも同時に登録される使用です。不要の方は、お手数ですが、まぐまぐ!のページから購読解除のお手続きをお願い致します。

まぐまぐ公式ページ

→ページ右上の『メルマガ解除』をクリックして、登録したメールアドレスを入力してから『解除URLを送信』をクリック。
登録したメールアドレスに購読中のメルマガ一覧が届くので、不要なメルマガの解除URLをクリックしてください。
まぐまぐの公式メルマガ結構あるから、ちょっと面倒おかけします。ごめんね。

Information

■information

◇メールマガジン《きれいな音になる》

ブログでは中々話さない「心」や「生き方」の話しを、月に3〜4本ほどのペースでお届けしています。 きれ音登録ボタン ※PCのみ。スマホでこのページを見ている方は、こちらのフォームからお申し込みください。

>>>記事が楽めたなら、シェアしてもらえると嬉しいんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

>>>フォローしてくれたら嬉しいんだ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です