>>>記事が楽めたなら、シェアしてもらえると嬉しいんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鍵の取り扱いにおける注意事項。

>>>記事が楽めたなら、シェアしてもらえると嬉しいんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉に住んでいたころ僕は、5本の鍵を持ち歩いていた。
自転車の鍵が1本、盗まれたバイクの鍵が1本、どこのものか不明な鍵が2本、自宅の部屋の鍵が1本だ。
この中で最も重要度が高いのは自宅の鍵である。
これが無ければ家に鍵を掛けられず、空き巣や訪問販売や突然訪問してくる彼女といった不安の三柱を閉め出すことができない。

ところがある日、この三柱の中でも最も大きな柱が排除できなくなった。
彼女が部屋のスペアキーを作って渡せと言い出したのである。
僕のいいところは従順なところであるから、早速街の鍵屋に行って部屋のスペアキーを作ってもらった。
それを彼女に渡すと、

「これでいつでも来れるな」

と言って片口で笑った。

鍵というのは素晴らしい発明である。
小さな鉄の塊ひとつで敵を自宅から閉め出すことができる。
しかし欠点もある。
自宅の中にいる敵を閉め出すことができない。
もし上手く鍵をしめることができても、持っているスペアキーでもって鍵を開けて入ってくるのだ。
強大なモンスターが閉じた扉をたたき壊して侵入してくるのと結果は同じである。

ある日僕が仕事から帰ってくると、翌日から来る予定であった彼女が1日フライングでやって来ていた。
僕は戦慄した。
万が一僕に美人で優しくおしとやかな愛人がいて、「明日から怖い人が来るから今日はちょっと多めに甘えちゃうぞぉ」などと言いつつ帰ってきていたら、死人が出ていたところだ(死ぬのは僕だ)。
自分に美人んで優しくおしとやかな愛人がいなかったことに胸を撫で下ろしていると(知人まで輪を広げて調べてみても見つからなかった)、部屋の奥にいた彼女が買い置きしていたポテトチップスを食べながら喉が渇いたと主張した。
この分では冷蔵庫の中においてあったプリンも無事ではあるまいと覚悟を決めたものだ。
鍵の取り扱いには、充分注意すべきだ。

写真 2014-07-14 13 19 58

今持っている唯一の鍵。机の鍵なんだけど、その引き出しは空っぽである。

Information

今後のライブ予定。

《ハウスライブ》

・毎月第4月曜
※次回の開催は7/28
→大阪南森町「D45」
http://d45.biz
→20時〜30分間
→お席代500円+何かしらオーダー

・奇数月第2土曜日
※次回の開催は9/13
→和歌山市「AbbeyRoad」
http://www.abbeyroad.jp/main.html
→21時〜20分ステージを3〜4回
→お席代500円+何かしらオーダー

メルマガ配信しています。

メルマガ購読・解除

ブログには書けないような愉快な話、不思議な話、熱い話などを、書きたいと思った時にお送りしています。

もちろん、ライブのスケジュールや新しい動画の配信のお知らせなども。

登録希望の方は上記の登録フォームにメルマガを購読するメールアドレスを打ち込んで、「送信」をクリックしてくださいませ。

まぐまぐ!のページに行けばバックナンバー(過去記事)も公開するようにするので、現段階ではまだ一本もありませんが、過去の内容も全て公開しています。

では、メルマガでも会いましょう。登録よろしくね。

※メルマガ登録時、まぐまぐ!の公式メルマガも同時に登録される使用です。不要の方は、お手数ですが、まぐまぐ!のページから購読解除のお手続きをお願い致します。

まぐまぐ公式ページ

→ページ右上の『メルマガ解除』をクリックして、登録したメールアドレスを入力してから『解除URLを送信』をクリック。
登録したメールアドレスに購読中のメルマガ一覧が届くので、不要なメルマガの解除URLをクリックしてください。
まぐまぐの公式メルマガ結構あるから、ちょっと面倒おかけします。ごめんね。 a

Information

■information

◇メールマガジン《きれいな音になる》

ブログでは中々話さない「心」や「生き方」の話しを、月に3〜4本ほどのペースでお届けしています。 きれ音登録ボタン ※PCのみ。スマホでこのページを見ている方は、こちらのフォームからお申し込みください。

>>>記事が楽めたなら、シェアしてもらえると嬉しいんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

>>>フォローしてくれたら嬉しいんだ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です