人目が気にならなくなる超カンタンなワークをシェアするぞい

人目って気になるよね。

前向きに意識するのは大切だけど

そのことで頭がいっぱいになると

息苦しくってしんどくなります。

それってもちろん

僕の中にもある感覚で

何かの拍子に人目を気にし始めちゃう

ことがあるんだけど

そんな時、「自分の目」に

カメラを引き戻すためにしている

効果てきめんのワークがあるから

シェアするよ。

人目のカメラから自分目のカメラに視点を戻すワーク


目を閉じて、

両目の内側の切れの部分に

両手中指の腹で優しく触れる。

触れるだけやで。

この時、表情筋の力を

できるだけ抜いておく。

その場に一人なら、

「アホの子」みたいな顔を

してみるのが最強。


中指の腹の柔らかさや暖かさ

(可能なら指紋のギザギザまで)

が感じられるまでそのままキープ。

指は添えるだけで、押し付けない


顔の皮膚が指の感触を

いい感じに感じ始めたら

指を左右の頬骨に沿って

顔の内側から外側に向かい

皮膚の上をスライドさせる。


最後に、今自分が想像できる限り

いちばん″さわやかな場所″に居ると

イメージして

その″さわやかな場所″の空気を

鼻からスゥーーーーッと

身体中に染み込ませるように

4〜5回吸い込む。

以上、これでかなりスッキリするはず。

解説編!ウンチク好きさん向けw

簡単に解説すると

両目の間、鼻の上の辺りには

「しかめっ面を作る筋肉」

があるのです。

臭いにおいをかいだり

嫌なことがあったりすると

「嫌悪」や「拒絶」の反応として

その筋肉が収縮、緊張します。

すると、意識が

頭の前側上段に集まるんだけど

そしたらねぇ

アイデアや直感が全然出ない

せまーーーい視野の思考ループに

ハマっちゃうんですよ。

肩から上の筋肉の柔軟性って

思考の柔軟性にダイレクトなのよね。

だからワークでは

件の筋肉に意識を集めたあと

さわやかな気分をイメージして

筋肉を緩めて

思考を緩めた

という感じなのです。

アホな子の顔以外は

電車に乗っててもできるから

人目が気になる時もそうだけど

「今アタマが固いな〜」って時は

ぜひやってみてね。

Information

Information

ゆうさくの記事は全てシェアフリーです。

いいネタがあったら、自分が考えたことみたいに広げちゃっていいかんね。

LINE@はじめました。友だちになろう。
友だち追加


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする