心は「すり減る前」に満たしておくんや

すっごく喉が渇いて

つい自販機で水やジュースを

買うことが多かったんだけど

なんか最近それがないなーと思ったら

毎日仕事中に2リットルくらい

水をがぶがぶ飲んでることに

気が付きまして。

おトイレの回数は増えるんだけど

自分の体を新しい水で満たしておけば

喉が渇くことって

あんまりないんだなと。

これって

水分補給だけじゃない気がしていて。

たとえばお金って

自分にとって心地のいい

残金をキープしておけば

無くなる不安や

稼がなきゃって焦燥感は

出てきづらいよね。

パートナーとしっかり

スキンシップを取っていれば

人肌が恋しくなることも少ないし。

何が言いたいかって

気分って水と同じように

自分の中にストックできるよな

っていうことで。

だから

普段から気が付くとすり減ってる

「欠落感」って

普段から意識的に満たすようにしていれば

「欠落感」にならないんじゃね?

ということ。

自分は何が「欠落」しやすいんだろう?

って。

調子のいい時や

欠落感から復帰した時に

「あれは何が欠落してたんだろう?」

って自分に聞いてみる。

「これだ!」っていうものを見つけたら

それが満たされる行動は何かって考えて

できるだけ小さな行動にして

日常の中に入れてみる。

毎日水を2〜3リットル飲むだけで

自販機の前の飲み物を買いたい衝動が

嘘みたいに出なくなくなる。

僕は何が欠落する?

それはどうすれば満たされる?

そうやって自分の取説を作っていくと

自分との付き合い方が分かってくるよね。

僕もしばらくは

お水がぶがぶ飲むようにします。

Information

Information

ゆうさくの記事は全てシェアフリーです。
いいネタがあったら、自分が考えたことみたいに広げちゃってね。

友だち追加

山本優作の公式LINEです。
ブログやYouTubeの更新通知、その他のお知らせが届きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする