ひとりしりとり「卒業式」

「嘘」→「卒業式」 僕は自分でもどうかと思うくらいに自分の過去のことに興味がない。それは関わってくれていた方に興味が無いという意味ではなくて(もちろん興味を持てな...

記事を読む

日本語愛好家の作詞事情と哀切の思い。

曲先、詞先、という言葉がある。歌ものの楽曲を作るに当たって、曲から先に作るのか、歌詞から先に作るのか、ということである。 現在世の中では曲先の作曲方法が圧倒的...

記事を読む

イケメン紳士としょーちゃんの逢瀬、そのすれ違い。

先日の大阪出張の最終日、僕は学生時代に仲の良かった友人、しょーちゃんを尋ねた。しょーちゃんとの関係はまぁ言葉にするとややっこしいので、ひとつ、ソウルメイト的な言葉で...

記事を読む

イケメンと新居と隙間の悪魔。

僕が何年かを過ごした千葉県は船橋市のアパートの風呂場は、最近よくある浴室と浴槽が一体化したユニットバスではなく、浴室の中に浴槽が置かれているタイプであった。初めの頃...

記事を読む

精神と自意識と美意識の仕組みに気付いたら土下座するしかなくなった。

Facebookで繋がっている物書きの方が 「精神でなくて、何で文章を書くというのか」 ということを仰っていて、まさしくと膝を打った。僕...

記事を読む

夢と花粉とたこ焼きと。

どうも、夕べ家の二階から落としてくる肉や野菜を鍋で受け止めてすき焼きを作りながら近くに大勢いる警察官を蹴散らすという夢を見た僕です。 しまいには僕も反対側の石...

記事を読む

大阪出張カレーのラクシュミの陣。

おはようございます。 今日から大阪出張で、朝からバタバタしているのでブログは簡単に。 大阪というと、僕が音楽の専門学校に通っていた2年間だけ住ん...

記事を読む

ひとりしりとり「嘘」

「軍隊式研修」→「嘘」 今朝ニュースを見ていたら、つい先日話題を呼んだSTAC細胞の論文の中に使われていた写真が2011年に使われたものと完全に一致していて、リー...

記事を読む

真夜中の電話でロードアゲイン。

前回までのあらすじ 職場の忘年会に参加している父を驚かせるために二次会の会場であるカラオケに先回りしていた僕と母と叔父は、なんと父が上司の車に乗って先に家に帰...

記事を読む

強制的禁酒ドライバーと山本家ご一行の豪快な空振り劇。

「とーちゃんが卒業式の打ち上げで飲んでるから誰かが迎えにいかなあかんねん。」 「めんどくさいやっちゃな」 そう言いながら焼酎をあおる母と、じーち...

記事を読む