>>>記事が楽めたなら、シェアしてもらえると嬉しいんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人生における曲折の存在とその危険性。

>>>記事が楽めたなら、シェアしてもらえると嬉しいんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人はただただまっすぐ進んでいれば良い、ということはない。紆余曲折があり、思い悩むことがあり、様々な試行錯誤と検証と修正を加えながら、少しずつ歩みを進めてゆくものである。

それは実際の道でも同様である。自宅の玄関から目的地まで一直線、ということは、ほとんどの場合あり得ない。自分と目的地の間には、必ず他の誰かの何かが存在する。道とは、人と人との都合の間をすり抜ける、腕利きのバランサーであるのだ。道は時には緩やかに、時には急激に、それらを躱すために曲がり曲がる。

この「曲がる」という事象は、曲がる側にとっては大変に重要なものである。が、同時に非常に危険な行為でもある。ゆるやかなカーブであれば、さほど問題はあるまい。問題は、急カーブだ。恐れをなして足を止めてしまったり、極端にスピードを落としたりすると、目的地に着くことができなくなったり、大幅に送れてしまったりする。かといってその曲線を甘く見て侵入時のスピードを誤ると、重大な事故に繋がる恐れがある。

IMG_4622

エビA「!」

エビB「へへ・・・ヘマ・・・しちまった・・・」

エビA「お前・・・」

エビB「悪い、俺はここまでだ・・・」

エビA「・・・」

エビB「次のピットイン(調理場通過)で、俺は立て直されるだろう」

エビA「・・・」

エビB「だがそれは、もう今までの俺じゃない。自分の足と自分シャリで立っていた、俺じゃあないんだ」

エビA「・・・」

エビB「楽しかったぜ、お前とのレース」

エビA「・・・ああ。」

エビB「さらばだ。」

我々は、カーブを進み抜ける他に生きる術を持たない。そのためには高いバランス能力が求められる。

イン側の壁に突き刺さえる。
アウト側に飛び出す。
遠心力に負けて横転する。

そういった様々な危険を乗り越えながら、人生は続いていくのである。一時たりとも油断ならない。

Information

■information

◇メールマガジン《きれいな音になる》

ブログでは中々話さない「心」や「生き方」の話しを、月に3〜4本ほどのペースでお届けしています。 きれ音登録ボタン ※PCのみ。スマホでこのページを見ている方は、こちらのフォームからお申し込みください。

>>>記事が楽めたなら、シェアしてもらえると嬉しいんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

>>>フォローしてくれたら嬉しいんだ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です