断言する人をやめる

今年に入ってからずっとYouTubeの研究を続けてきました。それなりにいろんなことが分かってきたし、できるようになってきたんだけど、どうしても乗り切れないトレンドのようなものがあって。

それが「断言する」です。

いやこれ、最近のYouTubeのトレンドでもなんでもなくて、例えばセールスレターの書き方のマニュアルの中にもあるようなことなんですよ。

で、特に今の時代は色んなものが不透明だし、不明瞭だし、不安定。だから「断言する」情報を発信すると、受け取る人が安心する。「この人なら大丈夫そうだ」という信頼も得られて、商売が儲かる。

こういう流れです。

いいよね。どんどん断言すればいいし、商売を盛り上げるのはすごく大切なことです。お客様を不安にさせないのは、プロの基本だもん。

だけど僕はその道から外れようと思うのです。なぜか。僕は断言が怖いからです。

違う意見を持ってる人がそれぞれ断言してると迷う

繰り返しになるけど、断言してくれると本当に楽。だってそのことだけ信じていたらいい気がするじゃないですか。

で、実際そういう世界はあると思うんですよ。それこそYouTubeの運営にしても、ウン千万円ウン億円稼いでるようなYouTuberたちが教えてくれてるやり方が、間違ってるわけないのよ。

でも、よくよく話しを聞いていくと、人によってちょっとずつ言ってることが違うのね。冒頭で結論を述べよ、と言ってる人もいれば、上手く引っ張って引っ張って視聴者維持率を稼げって話しもある。

どれが正しいねん、っちゅーと、どっちでもいいわけですよ。

なのに冒頭で結論説の人も自信満々で断言してるし、引っ張れ説の人も自信満々に断言してる。どちらの説の人の話しを聞いても、そっちに引っ張られて、最終的に迷子になってる僕がいるわけです。

結局自分でどっちもやってみて、いいなと思った方を選べばいいんだけどね。でもそこにたどり着くまでに、変な葛藤がいっぱいある。これがしんどい。

断言されたことができない怖さ

特に成功法則的なことを教えてくれてる人って、そのやり方で人生が変わった人だから、「これが世界の真理」みたいな波動を出しながら断言するじゃないすか。

でも、こちとら別の性質と人生を歩んできた別の人間です。つまり、その人ができたことが、自分にもできるかというと、そんなことは全然ないということ。

例えばExcelを使って人生が変わった人が自信満々に「成功したければExcelを使いこなせ」って断言んされたら、僕は死にたくなるわけですよ。だってExcel大嫌いだし。たぶんExcelも僕のこと嫌いだし。何あのセルとかいう四角の塊。マジ模様にしか見えないんですけど。

何度でも繰り返すけど、その人が教えてくれてる成功法則が、自分にも使えるかどうかは、分かんないんです。だけど、自信満々のオーラが、受け取る僕を惑わせるわけ。それが世界の真理のように思えちゃう。

で、できない。立ち直るまで何回でもお休みです。しんどい。

サンプル1で居続けます

ということで、当ブログでも散々「こうすると人生よくなるぞ」なんて断言する記事を書きまくってきましたが、これからは可能な限り「サンプル1」という立場を貫こうと思います。

だって、僕の発信してる情報を受け取って、実践して、自分に合ってなくて落ち込むって、ブログの趣旨とも合わないしね。

成功する未来の自分をハングリーに追いかけるのではなく、今この場で小さな幸せを育みながら豊かに生きる。そういう生き方が僕には合っていそうだと、たくさんの断言してくれた成功者たちからの学びを実践し、失敗し続けてきた僕は感じています。

ハングリーにはなれん。自信もない。っていうか、自分と全く違う性質を持って生まれて、全く違う人生を生きてきた他人様に対して、自信満々で何かを断言できる方が以上だと思うのよね。

というサンプル1の考えです。あなたに合うかどうか分かりません。何かの足しにしてもいいし、しなくてもいいです。役に立てたら嬉しいなー、くらいの気持ちで、筆を置きます。アデュー。

Information

Information

ゆうさくの記事は全てシェアフリーです。
いいネタがあったら、自分が考えたことみたいに広げちゃってね。

友だち追加

山本優作の公式LINEです。
ブログやYouTubeの更新通知、その他のお知らせが届きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする