【弾き語り教室】キャリアと努力があっても上手くなれない時は、何を見直すべきか。

僕が運営している弾き語り教室のYouTubeチャンネルに新しい動画を投稿してきた。
キャリアが長い、努力もしている、だけど中々上手くなれない、という人に向けた内容である。
イメージの話しをしているので少々掴み取ることが難しいかもしれないが、僕自身が長い長いスランプ期間を抜け出すきっかけになった考え方だ。
ぜひ、自分のそれと照らし合わせてみてほしい。

経験が長くて努力もしているのに上手くなれない時に見直すべきポイントとは

いかがだっただろうか。
弾き語りというのは実にアヤフヤな表現方法だ。
弾き語りとは、圧倒的に人間的なんである。

僕は弾き語り講師として多くのミュージシャン達と向き合ってきたが、自信を持たずに自信たっぷりな演奏をしている人を、僕は見たことがない。
ちょうど、彼女様の前で僕が堂々としていられないのとよく似ている。

テクニックは回数をこなせば基本的に誰にでも身に付くものだ。
それをいかに少ない回数で身につけられるようになるか、ということも講師のテーマではある。

しかし、自分の中で眠っている自分の美意識やエネルギー、本当にやりたいと思っていることは、下手をしたら一生出て来ない。
特に僕のように真面目で誠実な人間は、一度先輩から

「こうしたらいいんだぞう。」

といったことを教えられると、それを後生大事に抱えてしまう。
それは大事でもあるけれど、危険なことでもある。
自分で良い悪いの判断をしなくなってしまうのだ。

例えば僕が食事の度におかずをこぼす度に彼女様から辛辣な言葉を浴びせられると、そのうちひとりでおかずをこぼしても反射的に身構えるようになる。
それがイヤだと思いおかずをこぼさないように意識を集中すると、こんどはおかずの美味しさを味わうことを忘れてしまう。
おかずをこぼさなかったことに安心して胸を撫で下ろしていると、彼女様から

「美味しかったか?」

という質問が出て、万事休する(「美味しかったです」以外の言葉は選択肢に無いのだが、「何がどう美味しかったか」という答えを求められることは明白であるのだ)。

このように形に拘るとロクなことがない。
演奏をする時もそうだ。
「きちんとした演奏をすること」「ミスのない演奏をすること」に意識を集中させると、結果として

「良い演奏をする」

という最大にして究極の目的を達せない。
「素晴らしい演奏だった」という感動と、「ちゃんと演奏できた」という感動では、明らかに前者の方が大きいのである。

本当に良いサウンドを求めるのなら、「ちゃんとする」「ミスをしない」という考えを手放すことだ。
そもそも音楽に100点は存在しない。
音楽というものが人間の感性で優劣決まるものである限り、それを判断する人間の人数だけの感覚がある。
だから演奏者自身が良いと感じたなら、それもまた、ひとつの答えだ。
演奏者はただ、それに身を委ねればいいんである。

安心していい。
仮にその過程で先輩の教えに反するフォームや解釈があったとしても、その先輩は今ここにはいない。
少なくとも、そのアドバイスをあなたにした瞬間の先輩は、あなたの中にしかいないんである。

「すいませんねぇwww」

くらいの気持ちで、どんどん型を崩していけばいい。

ちなみに先日ひとりでいるのを良いことにPCでゲームのプレイ動画を見ながらラーメンをすすって不届きを満喫していたら、仕事帰りの彼女様がノンアポで突撃してきた。
僕が驚いていると、彼女様は玄関から室内までの短い廊下を歩く間におよそ人類が発明した全ての罵詈雑言をカバのフンの如き勢いでまき散らした。
僕が恐怖におののくと、おののいた拍子にデスクの上の大切なPCにラーメンのスープをひっかけた。
それを見つけた彼女様は、また火がついたように騒ぎ始めた。

僕の部屋で僕のラーメンで僕のPCが汚れて僕が怒られた。
僕が自分の型を崩せる日は遠い。

animal_warning_signs_top

弾き語り教室の詳細や、メールマガジン「打撃系弾き語リストのネタ帳」の登録ページなどは、こちら。
メルマガ会員限定の割引きもアリ。

・→山本優作の弾き語り教室メインページ

※山本優作のメールマガジン「そこ、ちょいフラットやで」とは別モノです。

Information

12/13(土) ワンマンライブ開催決定!

写真 2014-10-19 12 28 01

詳細はこちらのページをチェック!

メールマガジン「そこも、ちょいフラットやで。」登録フォーム

メルマガメンバー限定で、高音質音源のフルコーラス無料試聴が可能です。
フォームに入力してくれたアドレスに届く自動返信メールにDLページへのURLとパスワードが書かれているので、ぜひ聞いてみてください。

今月の試聴曲はカヴァー曲、「アンパンマンたいそう」。

→「らしくないwww」
→「全然フィットしてないwww」
→「全身ムズ痒いwwwww」

と、面白おかしい声が続々と届いています。

※弾き語り教室のメールマガジン「打撃系弾き語リストのネタ帳」とは別モノです。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

メッセージ本文(必須)→あなたのお名前(ニックネームok)を教えてください

 こちらのチェックマークを入れて「送信」をクリックすると、すぐに送信されます。確認ページはございません。



必要事項を記入して送信ボタンを押してもらうと、すぐに折り返しのメールが入力して頂いたアドレスに届く。そこに音源のダウンロードページへのリンクと、ダウンロード用のパスワードが記載されている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする