>>>記事が楽めたなら、シェアしてもらえると嬉しいんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライブMCでお客の心を掴む簡単な方法。

>>>記事が楽めたなら、シェアしてもらえると嬉しいんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20141224-00000009-dal-000-view

僕、昔ミュージシャン仲間と二人でケーブルテレビに
番組を持たせてもらってたことがあるんです。

その時に、まぁトークが上手くいかないもんで、どうしたら
もっと上手く話せるようになるかと思って、テレビを見たり
本を読んだりして、色々研究しまして。

そのお陰で今じゃポンと人前に放り出されても、
とりあえずは何か話せますよ、というくらいにはなってます。

で、そうなってからライブのMCを見ると、もうね、
みんなめちゃくちゃ損してるんですよ。

ここで言う「損」っていうのは、
拾える「得」を拾えていない状態のことね。

つまり、もっともっとMCで「得」していいのに、
それをしてない人が多いなぁ、という。
じゃあ、「得」するMCって何だろう、という。

今回はそういう話しです。


steve-jobs-how-to-live

スピーチの達人といえばご存知、故スティーブ・ジョブズ先生。
YouTubeに動画がいくつもあるから、覗いてみてね。



やることはたったひとつ。きちんとお客さんに話し掛けること。

もうね、これさえできてりゃいいんです。
お客さんが「これは私のために話してくれてるんだ」って感じれば、
それが最高に「得」できるMCなのよ。

でも、それができないんだなぁ。
例えばこの話しをするとみんなびっくりするんだけど、
別にお客さんの目を見て話す必要とかね、全然ないんです。

逆に僕なんかは人と目を合わせることが苦手だったりするから、
ステージの上にいる人と目が合うと、
「うっ」とダメージを受けますw
だって怖いじゃん。

そんな表面的な話しじゃないんです。

聞く人が「これは私のための話しだ」って感じる話しの作り方話し方。
今までやったことがないってだけで、実はとてもシンプル。
無意識でやってる人も結構います。

今日からでも使えるから、どんどん試してみてね。


「誰に話すのか」を決める

人と話しをする時って、話してる相手がいるでしょ?
それを設定してステージに上がると、それだけで口調や
トーンが無意識に統一されますの。

で、「誰に話すのか」ってことなんだけど、
身近な人、今いるファンの中で一番好きな人、でOKです。

っていうか、実在しない人や縁の無い人に向けて何かを
発信することって、できないでしょ?

「お客さん」という存在しない個人に何か言わなきゃいけない
と思うから、何も言えなくなって自爆しちゃうんだよね。
だから、最初に「誰に話すのか」を決める。

これ、パブリックスピーキングやコピーライティングでは
当たり前にされてる基礎の基礎です。

オバマ大統領もソフトバンクの孫さんもジョブズも、
多くの人を魅了する話しをする人はみんな使ってます。

さぁ、今すぐメモ用紙に、今直感で浮かんだ相手の名前を
書き出してみましょ。


相手が興味のあることから話す。

自分が話しをする相手が決まると、その人が何を求めてるのか
っていうことが分かるでしょ?

例えばこのブログは、


・女性で
・30~50代くらいで
・向上心が高くて
・人に優しくて
・僕のことが好きな人w



を想定して書いてるんですよ。
だから言葉はできるだけ簡単にして、段落分けや改行も
マメにして、男性向けのビジネスブログみたいな、

文字情報ギッチリ

じゃない、視覚的にある程度スッキリした構造を目指してます。
本当なら、もっと画像とか使ったほうがいいんだけどね。


で、実際そういう方が読んでくれてるかというと、
読んでくれてるんですよ。

それプラス、男性であっても、女性的な表現やデザインが好きな人
だとか、僕の十八番の”スラム奏法”を知りたい人とか
プラスアルファな部分で共感してくれる方が集まってます。

ここで知っておいて欲しいのは、
ターゲットを絞るからこそ、プラスアルファが生まれる
ということ。

当然、僕が勝手に設定した「相手」とドンピシャな方よりも、
プラスアルファの方の方が多いんですよ。

だけど「相手」を絞って話すからこそ、言葉にパワーが宿って、
話す内容に説得力が増して、プラスアルファの人が集まるの。


で、どうやったら相手が聞きたい話しが話せるのか、
っていうことなんだけど、これも簡単シンプルな答えがあります。
それは、


「相手」としっかりコミュニケーションすること。


もうね、これに尽きるんです。
どれだけその人のことを理解しているのか。

どんなことに興味があって、
どんな音楽が大好きで、
どんな俳優が大好きで、
どんな事件に心を痛めていて、
どんな未来に希望を抱いていて、
どんな過去に心を縛られていて・・・

そいうことを普段の付き合いや、そうでないならちょっとした
やり取りの中で、どれだけ感じ取れるのか、ということです。

僕はミドルエイジの女性に向けて記事を書いている、という話し
だったけれど、その中でも記事によって狙う世代を分けてます。
だから同じテーマの記事を書いても、表現の形が変わってくるの。

30代の方なら子育てや仕事に燃えているかもしれないし、
50代の方なら自分の時間ができて、音楽に燃えてるかもしれない。

そんな中で「相手」がどんな悩みや問題を抱えてるのかを考えて、
それはつまり僕の周りのその年代の方をじーっと見つめて、
そこで感じたことを踏まえて記事を書いてる、ってことです。

これができるようになれば、
「MCで何を話したらいいのか分かりましぇん」という問題は、
もう起こりようがないからね。

さぁ、早速さっきメモに書き出した「相手」の顔を思い浮かべて
その方の思考や希望や絶望に思い馳せてみよう。


自分の言いたいこともハッキリ言おう。

どうしてライブでMCをするのかってぇと、それでやりたいことが
あるからなんだよね。

MC以外の部分で自分のメッセージを伝えられるんなら、
別にMCを無理して頑張る必要はないんだもの。

ただ、楽曲に込めた思いをこういう心構えで聴いてほしい、
みたいなことを上手く伝えられると、楽曲の魅力がより
濃厚に伝わるかもしれないよね。

演奏でアンケートへの回答をお願いしたり、
次のライブスケジュールを伝えるのは難しいよね。

あなた自身を知ってもらうことで、あなた自身のファンになる
人が増えるかもしれないもんね。

だから自分が言いたいことは、しっかり言っておかなきゃ。
「相手」の聞きたい事を見出すのも、その「相手」を絞り込むのも
あなたの言いたいことをしっかりと受け取ってもらうためなんだから。

そこで、あなたが言いたいことを言うためにとても大切なことが
3つあるので、お伝えしますぞ。


話しを繋げる

さっきの項で「相手が聞きたいことを話す」って言ったよね。
そうやって相手の注目を集めたら、今度はそこから、あなたが
その「相手」に向けて言いたいことに話しをシフトしなきゃね。

この「話しを繋げる」というのが、MCのキモです。
MCだけじゃなくて、ブログとか映像とか、楽曲の構成とかね、
全部の表現のキモなんですわ。

先に「この人ステキ!」って思ってもらえたら、
ハッキリ言ってその後は何を言っても受け入れてもらえます。

だから例えば、今年は阪神淡路大震災から20年の年だけど、
「震災」と「相手」の関係性をまず、考えるでしょ。
で、次はそれを参考に「相手」が本当に求めてる言葉を選ぶ。

仮にそれが


「今も事あるごとに思い出しては、生き残った自分に何だか
罪悪感を感じることがある」



だったとするよね。
例えば、ね。

で、そこに対してあなたが掛けたい言葉が


「今私たちが一生懸命生きることが一番の追悼になるんだよ。」


という言葉だったら・・・どう繋ぐ?っていう話しなんだよね。

ちなみに僕なら、


〜人の縁は、どんなに遠くても絶対に繋がってるよね。
今日あなたが家族のために作ったご飯がその人の心臓を叩いて
仕事先でお客さんに向き合って、次の心臓を叩いてるんだよ。

あなたの作ったご飯が、あの日亡くなった方がこの世に残した
誰かの心臓を、必ず叩いてるんだ。

だから生きなよ。
一生懸命生きて、一生懸命美味しいご飯を作ることが、
今生きてる自分にできる、一番の追悼なんだよ。〜



っていう感じにまとめます。
頭の中で作れるのが一番だけど、慣れないうちは台本やメモを
ステージの死角に置いておくのがいいと思うよ。


断言する

ほとんどの人は、

「〜かもしれない」
「〜だと思う」
「〜になることが多い」

っていう、キツく言うと責任を回避するような表現を使うんだね。
これが、自分が言いたいことが人に伝わらない理由の1つです。
責任は回避できるかもしれないけど、言葉のパワーは弱くなるの。

世の中には色んな人が居て、とんでもない多様性があるよね。
愛が全てだと信じる人もいれば、お金が、信仰が、私の安心が、
っちゅー感じで、本当に色々ある。

だから、あなたが選んだ言葉には、確実に反対意見が存在するの。
でも、それでいいの。
何にも問題ないのよ。

そもそも「相手」が決まっていて、その「相手」に向けて言葉を
選ぶ訳だから、「相手」以外の人は全員外野なんですわ。

「自分」が「相手」に向かって、色々な背景を前提にして
言葉を選んで話してるのに、それを見てた「外野」が側から


「それはおかしい!」


なんて騒ぎ出しても、「何を言っとるんだ君は」ってなもんで。
だから、気兼ねなく断言してください。

「愛が全てです!」
「お金が全てです!」
「信仰が全てです!」
「あなたの安心が一番大事です!」

あなたが設定した「相手」にとって必要だと思った言葉は
トコトン断言する。
そうすることで、あなたがカッチョよく見えるようになります。


身振り手振りを交える

どんなに良い話も、眠いと意味がないんです。
学校の先生も、淡々とノートを読む人と、ジェスチャーを入れながら
体全部を使って情報を発信してる人じゃあ、
頭の中に入ってくる情報の量が全然違うよね。

それだけ、大きく動いてる何か、というのは、人の注目を
集めやすいんですよ。

だからしっかり身振り手振りを言れていきましょ。
具体的には、


・表情を豊かに演じる
・首よりも上で腕を振る
・(立ってるなら)ステージ上を動く



ってことをすれば、だいたいオッケーです。
やってみると分かるよ、結構恥ずかしいからw

でも、テレビ番組に出てる人も、アニメの登場人物も、
みーんな身振り手振りが大きいでしょ?
そういうことなんです。


「きちんと話し掛ける」は奥が深い

こういう「人に伝える」ことを本気で考え出すと、
普段のコミュニケーションにどれだけ手を抜いてたか
っていうことに気付かされるよね。

僕は結構ガーンときましたよ。


TAN_uwanensyuhikusugi500_2

「うわ、僕のコミュ力、低すぎ?」



何か難しいことを言ってるように感じるかもしれないけど
やってみるとびっくりするくらい簡単ですよ。

しかも、「お客さん」とかいう謎の非実在的存在を相手に
言葉を選んでアワアワしてるより、ずっと楽です。

で、やっぱり何が大事って、結局のところ「愛」だよね。
当然事務的な目的もたくさんあって、例えば音源を買って
もらいたいとか、ワンマンに来てほしいとかね。
そういうのもある訳じゃない。

じゃあ、どうやったら人は人にお金を落としたくなるのか
また会いたくなるのか、ってことを考えたら、
やっぱり愛のある言葉を自分のために使ってくれる人なのよ。

せっかく板の上に上がるんだから、その時くらい、
愛の塊みたいな人になってごらん。

「得」できるMCっていうのは、
「徳」が積めるMCです。

「徳」を積むっていうのは、
「相手」の心を明るくするってことです。

霧を裂き闇を払い
過去を許して未来を受け入れる
そんな言葉達のことです。

試しに、やってみてね。
では、今回はこの辺で。

白

メルマガ登録で、濃厚な映像&音声講座をプレゼントしてます。

→プレゼント①【今年こそは行動力を上げたい人のための音声講座】
→プレゼント②【ファンのつくライブ/音楽の作り方】

メルマガ登録ページに詳しい説明がありますから、
気になった方はこちらのページでチェックを。

Information

■information

◇メールマガジン《きれいな音になる》

ブログでは中々話さない「心」や「生き方」の話しを、月に3〜4本ほどのペースでお届けしています。 きれ音登録ボタン ※PCのみ。スマホでこのページを見ている方は、こちらのフォームからお申し込みください。

>>>記事が楽めたなら、シェアしてもらえると嬉しいんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

>>>フォローしてくれたら嬉しいんだ。

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です