チューニングがギター弾きのエチケットと言われる理由

ゆうさく
関西梅雨入り、過去最速らしいっすな。洗濯物・・・クッ


ギターってただ聴いている時と、弾き手に回った時で、音の聞こえ方が変わるんです。弾き手に回ると気にすることがめちゃめちゃ増えるから、純粋に音を受け取ることが難しくなるんですよね。

ギターを弾くことに一生懸命になりすぎると、チューニングが狂っていても気付けません。すると意識できていなくても、自分の耳を通して狂った音を聴き続けることになります。これが続くと、音楽を奏でる人としての成長がグンと遅くなっちゃう。

さらに人に音楽を聴いてもらう機会があると、被害は広がりますね。だって一生懸命弾いている自分と、ただ音楽を聴いているリスナーでは、音の聴こえ方が違うんだもん。

まさに口臭のキツい人が、自分ではそれと気付かずに周りの人を不快にすることとよく似ています。めっちゃ怖いねん、これ。

ということで、自宅やスタジオで一人練習をしている時から、15〜20分に1回はチューニングをするということをクセづけておきましょうね。自分が「音程狂ってない?」って気付く前から、「正しい音程でしか演奏をしていない」状況を作っておけばいい、というわけです。

意識すればすぐにできることなので、超オススメ。ぜひにー。

Information

♪超・初心者向け!4週間の無料メール講座【中島みゆき/糸】編

中島みゆきさんの名曲『糸』のギター演奏を、4週間で学べる無料メール講座です。
毎週届くレクチャー動画を視聴しているだけで、ギターを始めたばかりで、右も左も分からない超の付く初心者さんでも、楽しく『糸』のギター演奏の基本を学ぶことができます。

 

♪オンライン・タッグ・レッスン

プロミュージシャンでレッスンプロの柴田ヒロキ氏と、人の心や身体の使い方のプロフェッショナル山本ゆうさく—

—専門分野の異なる2人の講師による、”ギター弾き語り挫折経験者”に特化した、グループレッスンと個人レッスンの良いとこ取りの、他にはない独自スタイルのオンラインレッスン。無料体験実施中。