幸せのゴボウ。

幸せのゴボウ。

音楽を聴くときは、耳に意識を集中してはいけない。 リラックスして、心をフラットなところに置いて、そこで自分の中に注がれる音をただ静かに観察する。 すると、雑念まみれで聴いて...

記事を読む

語尾の曖昧と立場の違い

語尾の曖昧と立場の違い

僕は本を読むのが大好きだ。 やらなければならないことが大量にあるために本の虫になろう、ということは難しいのだけど、時間さえあれば一日中でも本を構えて暮らしていたい。 読...

記事を読む

努力が報われないのは正しい生き方をしてるから。

努力が報われないのは正しい生き方をしてるから。

終始怒鳴り続けていたその男は、全力を上げて自分に都合の良い世界を求めていた。 似たような話しを繰り返すな、そんな話しはどうでもいい、馬鹿にしてるのか。 男の周りの人は皆辟易...

記事を読む

脳と世界のただならぬ関係〜美女よ来れ〜

脳と世界のただならぬ関係〜美女よ来れ〜

ドラマーとヴォーカリストでは、同じ曲を聴いていても全く違う聴き方をしている。 ドラマーはドラムをよく聴いているだろうし、ドラムに絡む要素をよく聴いている。 ヴォーカリストは...

記事を読む

「半年後に死ぬとしたら、今日何をする?」という質問に答えていない全ての人に。

「半年後に死ぬとしたら、今日何をする?」という質問に答えていない全ての人に。

いかにして楽をしようか。 いかにして手を抜こうか。 いかにして少ない負担と労力と責任で給料を貰おうか。 これが、サラリーマン時代の僕が常々考えていたことだった。 実...

記事を読む

「ひざげ」の手のひらに鉛筆の芯がズギュンしてる。

「ひざげ」の手のひらに鉛筆の芯がズギュンしてる。

すっかり奥まで入ってしまって、どれだけじっくりと見ても染みにしか見えなくなったのが、中学3年生の頃だと言った。 僕は普段めったに話しをしないクラスメイトの手のひらを見つめて、...

記事を読む

化け猫と死の天使。

化け猫と死の天使。

シロが逝ったというメールが、今朝叔母から届いた。 昨年の冬ごろに上げていたブログに頻繁に登場していた、あのパンク顔の猫である。 シロは齢20歳を超える化け猫...

記事を読む

荷物を降ろそう委員会。

荷物を降ろそう委員会。

何かミスをした時に、 「バカやろう!」 と怒鳴られると、心がグニャリとして歪んでしまう。 当面そのショックからは立ち直れず、集中力が削がれ、同じようなミス...

記事を読む

強欲のすゝめ

強欲のすゝめ

叔父は喉を鳴らしてミルクと砂糖をたっぷりと入れたコーヒーを飲み込んだ後、僕の母に向かって噛んで含めるように言った。 「最近の子は我慢を知らんからな」 母はそ...

記事を読む

「こってりラーメンセット」の注文の仕方。

「こってりラーメンセット」の注文の仕方。

豚骨ベースのスープが舌の上を滑りながら、噛み砕かれた麺から溢れる小麦の香りを内包して、喉の奥へと駆け下りてゆく。 時折やってくるネギと粗挽きのコショウの刺激と逢瀬を重ねる度、...

記事を読む

1 2 3 4 5 6 7 8 32